プロジェクトで共同作業を行うときのヒント

Camtasia はビデオ プロジェクトの共同作業を行うための優れたツールです。

  • Camtasia プロジェクト (.tscproj) を圧縮して他のメンバーと共有できます。
  • Camtasia プロジェクト ファイルにはプラットフォーム間での互換性があります。つまり、Windows プラットフォームと Mac プラットフォームの間でビデオ プロジェクトを共有できます。
  • Camtasia Windows のライブラリを使用してメディア アセットを共有し、すべてのビデオの一貫性を確保できます。
  • Screencast.com にアップロードして、ビデオをすばやくレビューしたり共有したりできます。

Camtasia プロジェクト ファイルについて

Camtasia プロジェクト ファイル (.tscproj または .cmproj) には、メディア、ビデオ編集サイズ、およびタイムライン上で実行したすべての編集内容が保存されます。

プロジェクト ファイルでは次の操作を行うことができます。

  • ビデオの操作を後で続けることができます。
  • ZIP 形式などでエクスポートしたプロジェクト ファイルを他のユーザーと共有して共同作業できます。Windows と Mac の間でプロジェクトを共有することもできます。
  • プロジェクトを圧縮して保存できます。
  • ビデオをよく使われるさまざまなビデオ形式で何度も制作して、いろんな場所で共有できます。

Camtasia プロジェクト ファイルを作成する

  1. Camtasia Editor で [ ファイル ] > [ 新規プロジェクト ] の順に選択します。
  2. [ ファイル ] > [ インポート ] > [ メディア ] の順に選択して、録画、ビデオ、画像、オーディオ クリップをメディア ビンに追加します。
  3. メディア、録画、注釈、画面切り替えなどをタイムラインにドラッグします。
  4. アニメーション、効果、動作などをタイムライン上のメディアに適用します。
  5. [ ファイル ] > [ 保存 ] の順にクリックして、Camtasia プロジェクト ファイルを保存します。

プロジェクトが .tscproj ファイルとして保存されます。

優れたビデオ作成のための重要なステップ: ビデオを完成するための手順

ビデオの編集で最適な結果を得るには、次の順序で作業を行います。作業するビデオ プロジェクトによっては必要のない手順もありますが、優れたビデオ作成のためには、この順序をお守りください。

たとえば、オーディオの編集を始める前に、必ずすべてのメディアをインポートしてタイムライン上に配置します。

また、画面切り替えの追加は、タイムラインでのオーディオ編集を済ませてから行います。

  1. 画像、録画ファイル、ビデオ クリップ、およびオーディオをインポートして、タイムライン上に配置します。
  2. タイムライン上でクリップの基本的な編集を行います。クリップの切り取り、分割、移動、マーカーの追加などを行います。
  3. オーディオを編集します。
  4. 音声ナレーションを追加します。
  5. タイトル クリップと画面切り替えを追加します。
  6. SmartFocus、ズーム、パン、および他のアニメーションを適用します。
  7. 注釈、動作、カーソル効果、および他のビジュアル効果を追加します。
  8. マーカーとクイズやアンケート調査を追加します。
  9. キャプションを追加します。

    キャプションにはプラットフォーム間の互換性がありません。Mac と Windows でキャプションを共有するには、キャプション ファイルを SAMI または SRT ファイルとしてエクスポートし、そのファイルを別のプラットフォームの Camtasia にインポートする必要があります。

Windows / Mac プラットフォーム間でプロジェクトを共有する

Camtasia プロジェクト ファイル (.tscproj) にはプラットフォーム間での互換性があります。ただし、一部のメディア ファイルや効果は別のプラットフォームでは機能しません。また、レガシー吹き出しやキャプションにはプラットフォーム間での互換性がありません。

プロジェクトをエクスポートしたときに、プラットフォーム間で互換性のないメディアが含まれていると、警告メッセージが表示されます。

Warning.png

互換性のないメディアの一覧

Windows のメディアと効果

以下は Camtasia Mac と互換性がありません

Mac のメディアと効果

以下は Camtasia Windows と互換性がありません

Camtasia 録画ファイル:

CAMREC - Camtasia Studio レガシー録画ファイル (Camtasia Studio バージョン 8.3 以前)

Camtasia 録画ファイル:

CMREC - Camtasia レガシー録画ファイル (Camtasia バージョン 2.x 以前)

ビデオ ファイル:

AVI、WMV、SWF、MTS

ビデオ ファイル:

ProRes

オーディオ ファイル:

WMA

画像ファイル:

TIFF、JPG2000、PDF

LIBZIP - ZIP 形式の Camtasia ライブラリ ファイル

オーディオ効果:

ピッチ

吹き出し:

Camtasia Studio のレガシーの吹き出し

吹き出し:

Camtasia 2 レガシー吹き出し

キャプション キャプション

ビジュアル効果:

セピア、マスク、反射、スポットライト、ウィンドウのスポットライト、輝き、範囲の固定、デバイス フレーム

ジェスチャー効果

プラットフォーム間でプロジェクトを使用する

実行する操作 手順
ビデオ プロジェクトを他のプラットフォームと共有する
  1. Camtasia で [ File (ファイル) ] > [ Mac 用にエクスポート / Export for Windows (Windows 用にエクスポート) ] の順に選択します。
  2. プロジェクトに互換性のないメディアが含まれているという警告が表示されたら、次の操作を行います。
    • [ OK / Continue (続行) ] をクリックすると、エクスポートが続行されます。
    • [ Cancel (キャンセル) ] をクリックすると、エクスポートせずにプロジェクトに戻ります。
  3. ZIP ファイルに名前を付けて、ファイルの保存場所を選択します。
  4. [ OK / Save (保存) ] をクリックします。
他のプラットフォームでビデオ プロジェクトを開く
  1. Camtasia で [ File (ファイル) ] > [ Import Zipped Project (ZIP 形式のプロジェクトをインポート) ] の順に選択します。
  2. プロジェクトに互換性のないメディアが含まれているという警告が表示されたら、[ OK / Continue (続行) ] をクリックしてプロジェクトを開きます。

互換性のないメディアが、プロジェクトのメディア プレースホルダに表示されます。エクスポートしたプロジェクトを元のプラットフォームで開くと、メディアが表示されます。

Camtasia Windows でプロジェクトのアーカイブ / バックアップを作成する

[ ZIP 形式でエクスポート ] オプションを使用して ZIP ファイルを作成し、別の場所へのプロジェクトの移動、プロジェクト ファイルのバックアップ コピーの保存、共同作業のためのプロジェクト ファイルの送信などを実行できます。

ビデオに含まれている元のファイルを (ハード ドライブやネットワークなどの場所から) 移動または削除すると、プロジェクトが破損する場合があります。ファイルを移動または削除する前に、ビデオ プロジェクトを開いて Camtasia の ZIP 形式プロジェクト ファイルとしてエクスポートしてください。

[ メディア ビンのすべてのファイルを ZIP に含める ] オプションを必ず選択してください。このオプションを有効にすることにより、メディア ビンのファイルのバックアップを含む単独のプロジェクトが作成されます。

ZIP 形式のプロジェクトを作成する

  1. Camtasia で [ ファイル ] > [ ZIP 形式でエクスポート ] の順に選択します。[プロジェクトを ZIP 形式でエクスポート] ダイアログ ボックスが開きます。
  2. ファイルの名前を入力します。
  3. [ 参照 ] をクリックして保存場所を選択します。
  4. ZIP ファイルにメディア ビンにあるすべてのメディア ファイルのコピーを含める場合は、[ メディア ビンのすべてのファイルを ZIP に含める ] オプションを有効にします。このオプションを有効にしない場合、タイムライン上のメディアのみが ZIP ファイルに含められます。
  5. [ OK ] をクリックします。

ZIP 形式のプロジェクトをインポートする

  1. Camtasia で [ ファイル ] > [ ZIP 形式のプロジェクトをインポート ] の順に選択します。
  2. プロジェクトに互換性のないメディアが含まれているという警告が表示されたら、[ OK / Continue (続行) ] をクリックしてプロジェクトを開きます。

共同作業のベスト プラクティス

作業 ヒント
作業範囲を決める

各作業者の目標や明確な目的、ビデオ全体の用途などについて計画を立てます。

また、プロジェクトに有益であれば、調査を行って目標を達成するために役立つデータを収集します。

対象となる視聴者を決める

視聴者はビデオで使用されている用語や概念を良く知っていますか?

  • 入門用ビデオを別に作成する必要がありますか?
  • ビデオの目的は動機付けですか、マーケティング用ですか、手順を説明するためですか?
ビデオ プロジェクト チームを集める

ビデオ プロジェクトの作業をするメンバーを集めて、それぞれの役割を決めます。

  • 誰が台本を書きますか、ナレーターは誰ですか?
  • 録画、編集、技術的な監修は誰が行いますか?
準備してから作業を始める

ビデオ プロジェクトごとに固有のフォルダーを作成します。

  • プロジェクトを作成する際は、録画、プロジェクト ファイル、制作したビデオ、メディア ファイルをすべてそのフォルダーに格納します。
  • また、ビデオの共有場所とバックアップ方法をあらかじめ考えておきます。ファイルとビデオのアップロード、格納、保護のためには Screencast.com が適しています。また、ビデオをレビューする際には、Screencast.com のコメント機能を使用してフィードバックを送ることができます。
紙を使ってブレーンストーミングする

壁いっぱいの大きさの紙と付箋紙やホワイト ボードを使って、ビデオの構成についてチームのメンバーでブレーンストーミングをしたり、アイデアを集めたりすると良いでしょう。ビデオのストーリーのたたき台を作るのにも適しています。

  • ビデオの作成作業を始める前にブレーンストーミングを行って、それぞれの関係者がビデオの構成について意見を言えるようにします。
プロジェクトのタイムラインを確認する

ビデオはいつまでに完成する必要がありますか?

  • ビデオを作成するときはチームの各メンバーにさまざまな作業を柔軟に割り当てることができますが、たいていの場合、締め切りは決まっています。
  • タイムラインには、チーム メンバーの休暇や個人的な休みを必ず組み入れてください。
詳細な台本を作成する

良い台本には、ナレーションだけではなく、ナレーターが話している間に画面で起こっていることが書かれています。

  • 台本に詳細を記入することで、画面上のアクションやタイミング、画面切り替えなどの関係をイメージすることができ、「空白の瞬間」がどこにあるかがわかります。
  • 空白の瞬間には、ナレーションだけが聞こえますが画面上のアクションはありません。ビデオに空白の瞬間があると、視聴者を飽きさせてしまう恐れがあります。
ビデオのストーリーボードを作成する

ストーリーボードとは、ビデオの下書きになるものです。

  • 良いストーリーボードには、画面切り替えや吹き出し、タイトル クリップ、ズームなどの効果を使用する場所が示されています。
  • 台本とストーリーボードを 1 つの文書にまとめる人もいます。
ビデオの詳細を整理する
  • どのくらいの長さのビデオにするか?
  • 視聴者がクローズド キャプションを利用できるようにするか?
  • どのような方法でビデオを配信または共有するか?
  • ロゴや色など、企業のブランディングを使用するか?
Windows Camtasia Editor のライブラリを使用する

ライブラリのメディアはさまざまなプロジェクトで使用するためのものです。

  • ライブラリは、タイトル クリップや吹き出しなど、チームや企業のブランディングを付けたアセットを格納する場所です。
  • アセット ファイルやアセット フォルダー、またはライブラリ全体を ZIP 形式でエクスポートすると、他のユーザーが自分のライブラリにインポートできます。
フィードバックを集める

フィードバックを求める際は、どのような意見をいつまでに欲しいのか非常に具体的に伝えます。

  • ビデオをレビューする人に対して、フィードバックをどのような方法でいつまでに受け取りたいかを必ず伝えたほうが良いでしょう。
  • ビデオで示されているプロセスに対して技術的な監修は必要ですか?
  • ナレーターの声についてのコメントを求めていますか?
  • あるいは、ビデオが意図した目的を満たしているかどうかについて、フィードバックを求めていますか?
  • 台本とストーリーボードを配付して早い時期にレビューを受けると、受けたフィードバックに基づいて変更できます。この方法は時間はかかりますが、最終的にはより良いビデオを作成することができます。
  • ビデオの編集を始めたら、早い時期にデモ ビデオや試作品を作成してチーム メンバーや他の関係者に配付し、レビューを受けてフィードバックをもらいます。
  • 場合によっては、対象となる視聴者の代表にビデオの試写を見てもらい、ビデオが目的を満たしているかどうか確認すると良いでしょう。
情報を共有する

作業中は常に、すべてのプロジェクト関係者に対して進捗状況を伝えます。

  • 節目ごとに完了した成果について知らせるだけではなく、問題や変更が発生したらそれもすぐに伝えてください。
  • チーム全体でも情報を共有します。変更を検討している場合は、できるだけ前もってチーム メンバーに伝えてください。
  • さらに、他の誰が何をしているかチームの全員が知っているようにしてください。

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています