動作

 

動作はあらかじめ設定されたアニメーションで、テキストやメディアの上にドラッグ & ドロップで適用し、生き生きとした動きを付けて視聴者の関心を引き付けるためのものです。

以下のような効果を付けることができます。

  • テキストがブルブル震えているように表示して、クリックするリンクを視聴者に示す。
  • 画像やロゴが画面に登場し、軸を中心にして前後に回転しているように表示する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。

Behavior_Sample.gif

動作を追加する

  1. [ 動作 ] タブをクリックします。
  2. 目的の動作を、タイムライン上のクリップやメディアの上にドラッグします。
  3. [ プロパティ ] でカスタマイズします。 Properties.png

Behaviors_Overview2.png

動作でできること

  • 画像、ビデオ クリップ、およびテキスト、吹き出し、直線、図形の注釈に追加できます。
  • 複数の動作をメディアに重ねて適用し、ユニークな効果を付けることができます。

動作を使用する

実行する操作 手順
適用した動作を表示する 動作の表示 / 非表示を切り替えるには、メディア上の [効果] トレイをクリックします。
EffectsTray.png
設定を変更する
  1. タイムライン上の動作を選択して、[ プロパティ ] をクリックします。 Properties.png
  2. [ 動作 ] サブタブをクリックします。 Behaviors_Tab.png
  3. 変更するアクションを選択します。 BehaviorSubTabs.png
  4. 目的の動きの効果を選択します。
    Options.png

一部の動きの効果はテキスト注釈にのみ適用できます。

削除する

クリップまたはメディア上で動作を選択して、 Delete キーを押します。

表示時間を変更する

動作の表示時間を個別に変更することはできません。動作はメディア クリップや吹き出しなどが表示されている間ずっと表示されます。

表示時間を変更するには、動作が適用されているメディア クリップの表示時間を変更します。

コピーして別の場所に貼り付ける
  • 動作を右クリックして、[ 効果のコピー ] を選択します。
  • 再生ヘッドの位置を変更し、メディアまたはクリップを右クリックして [ 効果の貼り付け ] を選択します。

探している情報は見つかりましたか? フィードバックをお送りください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています