Camtasia のホットキー

Windows のホットキーをカスタマイズするには、 [編集] > [基本設定] > [ホットキー] タブ の順に選択します。

Recorder のオプション

Windows の録画ホットキーをカスタマイズするには、 Recorder で [ツール] > [オプション] > [ホットキー] タブ の順に選択します。

機能

Windows ホットキー

Mac ホットキー
録画を開始する

F9

-----
録画を一時停止する

F9

Command+Shift+2
録画を停止する

F10

Command+Option+2
マーカー Ctrl+M -----
スクリーンドロー Ctrl+Shift+D -----
範囲を選択する

なし

(独自のキーを選択)

-----
トレイ アイコンを非表示にする

なし

(独自のキーを選択)

[ツール] > [オプション] > [ホットキー] タブ

-----

プロジェクトのオプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
Recorder を起動する Ctrl+R Command+Shift+2
オンラインヘルプを表示する F1 -----
プロジェクトを保存する Ctrl+S Command+S
新規プロジェクトを作成する Ctrl+N Command+N
プロジェクトを開く Ctrl+O Command+O
メディアをメディア ビンにインポートする Ctrl+I Command+I
名前を付けてオーディオをエクスポートする ----- -----

名前を付けてフレームをエクスポートする

Ctrl+F Control+F
制作 / 共有ウィザード Ctrl+P Command+E

プログラムのオプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
[メディア] タブを開く B B
[注釈] タブを開く N N
[画面切り替え] タブを開く T T
[動作] タブを開く O O
[ズームとパン] / [アニメーション] タブを開く A A
[カーソル効果] タブを開く U U
[音声ナレーション] タブを開く V V
[オーディオ効果] タブを開く D D
[ビジュアル効果] タブを開く L X
[インタラクティブ機能] タブを開く I I
[キャプション] タブを開く C -----
[Gesture Effects (ピンチ)] タブを開く ----- G
プロパティ パネルを開く Ctrl+2 Command+2
その他のプログラムを非表示にする ----- Command+Option+H
ウィンドウを最小化する Windows キー+下矢印 Command+M
終了する Alt+F4 Command+Q

閉じる

(プログラムではなくウィンドウを閉じる)

----- Command+W
記号と絵文字 ----- Ctrl+Command+スペースバー

全画面表示

(キャンバスではなくプログラム全体に適用)

----- Command+Shift+F
システム メニューを表示する Alt+スペースバー -----
メニューを有効化する Alt + メニュー項目のかっこ内の文字 -----
メニュー オプション アクセラレータ

1. Alt + メニュー項目のかっこ内の文字

2. Alt キーを放してかっこ内の文字のキーを押す

-----
現在のコントロールからフォーカスを移動 / メニューまたはコンボ ダイアログ ボックスを閉じる Esc Esc

キャンバスのオプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
キャンバスのスナップを有効化 / 無効化する Ctrl+コロン (:) -----
キャンバスをズーム インする

Ctrl+プラス (+)

-または-

スクロール ホイール

Command+プラス (+)

-または-

スクロール ホイール

キャンバスをズーム アウトする

Ctrl+マイナス (-)

-または-

スクロール ホイール

Command+マイナス (-)

-または-

スクロール ホイール

キャンバスで選択されているメディアのサイズを変更する メディアを選択 + スクロール ホイール -----
全画面表示する ----- -----
キャンバスの全画面表示を終了する Esc Esc
キャンバスで選択したメディアを移動する 矢印キー (押したまま) 矢印キー (押したまま)
メディアを 1 ピクセル移動する 矢印キー (1 回押す) 矢印キー (1 回押す)
メディアを 10 ピクセル移動する Shift+矢印キー (1 回押す) Shift+矢印キー (1 回押す)
メディアのサイズ変更で縦横比を維持する

選択したメディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更

選択したメディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更
サイズ変更で縦横比の維持を解除する

Shift + 選択したメディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更

Shift + 選択したメディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更
縦横比と中心点を維持してメディアのサイズを変更する Ctrl + メディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更 Command + メディアのコーナー ハンドルをドラッグしてサイズ変更
メディアを自由回転する (3D)

吹き出し

Ctrl (左右両方を押す)

1. キャンバス上のメディアを選択します。

2. Ctrl キーを押したままにします。

3. メディア クリップをドラッグして 3D で自由に回転します。

横のハンドルおよび回転ハンドルを使用しないでください。


その他のすべてのメディア クリップ

Shift+Ctrl (左右両方を押す)

1. キャンバス上のメディアを選択します。

2. Shift+Ctrl キーを押したままにします。

3. メディア クリップをドラッグして 3D で自由に回転します。

横のハンドルおよび回転ハンドルを使用しないでください。

-----

タイムラインの編集

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
コピー Ctrl+C Command+C

切り取り

  • クリップボードにコピー
  • ギャップなし
  • タイムラインでメディアを一括してステッチ
Ctrl+X Command+Shift+X
貼り付け Ctrl+V Command+V

削除

タイムラインにスペースを残す

Delete Delete
やり直し Ctrl+Y Command+Shift+X
元に戻す Ctrl+Z Command+Z
グループ化 Ctrl+G Command+G
グループ解除 Ctrl+U Command+U
パン

スペースバー (押したまま) + キャンバス上でドラッグ

スペースバー (押したまま) + キャンバス上でドラッグ
切り抜き Alt (押したまま) Alt (押したまま)
画面を録画 Ctrl+R Ctrl+R
リップル削除 / 切り取り

Ctrl+Delete

1. タイムラインでメディアを選択します。

2. Ctrl+Delete キーを押します。
選択したメディアが削除され、すべてのタイムライン メディアがシフトします。

Command+Shift+X

1. タイムラインでメディアを選択します。

2. Command+Shift+X キーを押します。
選択したメディアが削除され、すべてのタイムライン メディアがシフトします。

選択したメディアを再生ヘッドで分割 S Command+T
すべてのトラックを再生ヘッドの位置で分割 Ctrl+Shift+S Command+Shift+T
選択したメディアをステッチ Ctrl+Alt+I Command+Option+I
ステッチを解除 ----- -----
フレームを延長

Shift+E

Alt キーを押してクリップの端をドラッグ

Alt キーを押してクリップの端をドラッグ
すべて選択 Ctrl+A Command+A
すべての選択を解除 Ctrl+D Command+Shift+A
選択したメディアをライブラリに追加 Ctrl+Shift+A -----

[メディア ビン] タブを開く

-または-

クリップ ビン / ライブラリの切り替え

B B
ツール パネルの表示 / 非表示 Ctrl+1 Command+1
プロパティの表示 / 非表示 Ctrl+2 Command+2

タイムラインの操作

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
ビデオの再生 / 一時停止 / 停止 スペースバー スペースバー
再生を停止し、再生ヘッドの前の位置に戻る Ctrl+Alt+スペースバー Control+Option+スペースバー
再生ヘッドを前のクリップに移動 Ctrl+Alt+コンマ (,) Control+コンマ (,)
再生ヘッドを次のクリップに移動 Ctrl+Alt+ピリオド (.) Control+ピリオド (.)
タイムラインで巻き戻し

コンマ (,)

コンマ (,)

タイムラインで早送り

ピリオド (.)

ピリオド (.)

タイムラインをズーム イン

Ctrl+Shift+プラス (+)

Ctrl (押したまま) + スクロール ホイール

Command+Shift+プラス (+)

Command (押したまま) + スクロール ホイール

タイムラインをズーム アウト

Ctrl+Shift+マイナス (-)

Ctrl (押したまま) + スクロール ホイール

Command+Shift+マイナス (-)

Command (押したまま) + スクロール ホイール

ズームしてタイムラインのすべてのメディアを表示

Ctrl+Shift+7

Ctrl (押したまま) + スクロール ホイール

Command (押したまま) + スクロール ホイール

タイムライン表示をズームして最大化

Ctrl+Shift+9

Ctrl (押したまま) + スクロール ホイール

Command+Shift+9

Command (押したまま) + スクロール ホイール

タイムラインで選択したメディアにズーム Ctrl+Shift+8 Command+Shift+8
初めから再生

-----

-----
タイムラインの初めへジャンプ Ctrl+Home ----
選択範囲の初めへジャンプ Ctrl+Shift+Home -----
タイムラインの終わりへジャンプ Ctrl+End -----
選択範囲の終わりへジャンプ Ctrl+Shift+End -----
次のクリップまでの範囲を選択 Ctrl+Shift+Alt+右矢印 Command+Shift+Option+ピリオド (.)
前のクリップまでの範囲を選択 Ctrl+Shift+Alt+左矢印 Command+Shift+Option+コンマ (,)

トラックのすべてのクリップを分割してつなげて移動

タイムラインにスペースが作成されます

Shift + 再生ヘッドをドラッグ

Shift + 再生ヘッドをドラッグ

クリップをつなげて移動

Shift

1. タイムライ上でクリップを選択します。

2. Shift キーを押したまま、メディアをドラッグします。

-----
クリップをつなげて調整 Shift キーを押したままメディアの末尾をつなげて調整 ----

トラック上のすべてのクリップを再生ヘッドの位置で分割

Shift + 再生ヘッドをドラッグ Shift + 再生ヘッドをドラッグ
タイムラインでクリップを選択

Ctrl

キーを押したまま再生ヘッドをドラッグ

Command

キーを押したまま再生ヘッドをドラッグ

選択したトラックの右側にタイムラインを拡張 Shift+ピリオド (.) Shift+ピリオド (.)
選択したトラックの左側にタイムラインを拡張 Shift+コンマ (,) Shift+コンマ (,)
スナップを一時的に無効化 Ctrl Control
トラックを上または下に移動 スクロール ホイール スクロール ホイール
トラックの高さを上げる Alt+プラス (+) -----
トラックの高さを下げる Alt+マイナス (-) -----

マーカーおよびクイズのオプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
マーカーを追加 Shift+M Shift+M
マーカーの表示 / 非表示 Ctrl+M Control+M
次のマーカー Ctrl+] Control+]
マーカー間を選択

Ctrl+Shift+[

-または-

Ctrl+Shift+]

-----
前のマーカー Ctrl+[ Control+[
タイムラインで前のマーカーまでの範囲を選択 Ctrl+Shift+[ Control+Shift+[
タイムラインで次のマーカーまでの範囲を選択 Ctrl+Shift+] Control+Shift+]
[インタラクティブ機能] タブを開く I I
クイズを追加 Shift+Q Shift+Q
クイズを表示 / 非表示 Ctrl+Q Control+Q
前のクイズに移動して選択 Ctrl+9 Control+9
次のクイズに移動して選択 Ctrl+0 Ctrl+0

注釈および効果

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
[画面切り替え] タブを開く T T
最後に使用した画面切り替え効果を選択したメディアに追加 Shift+T Shift+T
[動作] タブを開く O O
[注釈] タブを開く A A
次の注釈に移動 Alt+K Option+K
前の注釈に移動 Shift+K Shift+K
カスタム アニメーションを追加 Shift+A Shift+A
[ビジュアル効果] タブを開く L X
[音声ナレーション] タブを開く V V
音声ナレーションの録音を開始 / 停止 Ctrl+Shift+V -----

注釈のテキスト オプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
テキストを編集 _____ Option+Return
太字 Ctrl+B Command+Shift+B
斜体 Ctrl+I Command+Shift+I
カーソルの右側の 1 文字を選択 Shift+右矢印 Shift+右矢印
カーソルの左側の 1 文字を選択 Shift+左矢印 Shift+左矢印
カーソルの後にあるすべての文字を選択 Shift+下矢印 Shift+下矢印
カーソルの前にあるすべての文字を選択 Shift+上矢印 Shift+上矢印
下線 Ctrl+U Command+Shift+U
選択したテキストをコピー Ctrl+C Command+C
テキストを貼り付け Ctrl+V Command+V
元に戻す Ctrl+Z Command+Z
やり直し Ctrl+Y Shift+Command+Z
テキストを削除 テキストをハイライト + Delete テキストをハイライト + Delete
左揃え -----

テキストを選択して

Command+Shift+{

中央揃え -----

テキストを選択して

Command+Shift+\

右揃え -----

テキストを選択して

Command+Shift+}

スタイルをコピー ----- Command+Option+C
スタイルを貼り付け ----- Command+Option+V
特殊文字を表示 ----- Control+Command+スペースバー

キャプション

機能 Windows ホットキー Mac ホットキー
キャプションの追加 Shift+C Shift+C
前のキャプション Shift+Tab Shift+Tab
次のキャプション Tab Tab
現在のキャプション セグメントを再生 (ループ ボタン) Enter Enter
キャプションの表示時間を延長 Ctrl+ALT+] Command+]
キャプションの表示時間を短縮 Ctrl+ALT+[ Command+[

PowerPoint アドインのホットキー (Windows のみ)

機能 現在の Windows ホットキー
録画 Ctrl+Shift+F9
一時停止 Ctrl+Shift+F9
停止 Ctrl+Shift+F10

スクリーンドロー (Windows のみ)

スクリーンドローを使用すると、すべての画像が録画に永久に焼き付けられ、変更または削除できなくなります。録画後に Camtasia Editor で矢印や吹き出しを追加した場合も同様の効果が得られますが、Camtasia で作成した矢印や吹き出しは編集することができます。

Camtasia Recorder のスクリーンドロー機能を使用して、録画中に矢印や円などの描画効果を画面に追加します。

  • 全画面を録画する場合、スクリーンドローを有効にしたりツールを変更したりするには、スクリーンドローのホットキーを使用します。
  • ツール、色、または描画ツールの幅を変更できます。

スクリーンドローを使用するには

  1. Camtasia Windows Recorder を起動します。
  2. [ ツール ] > [ 録画ツールバー ] > [ 効果 ] ツールバーの順に選択します。
  3. [ 録画 ] ボタンをクリックして開始します。秒読みの後、[スクリーンドロー] オプションが表示されます。

    全画面を録画する場合は、スクリーンドローのホットキーを使用して、ツール、ツールの幅、図形、および色を選択します。

  1. [効果] ツールバーの [ スクリーンドロー ] ボタンをクリックします。
  2. スクリーンドロー ツールが展開表示されます。ツールを選択して画面にドラッグすると、画面に描画できます。
    • デフォルトのツールを変更するには、[効果] ツールバーのツールの横にあるドロップダウン リストからオプションを選択します。
    • スクリーンドローの操作を元に戻すには、Ctrl+Z キーを押します。
    • スクリーンドロー モードを終了するには、 ESC キーまたは Ctrl+Shift+D キーを押します。
機能 現在の Windows ホットキー
プログラムのオプション
スクリーンドローを有効化 Ctrl+Shift+D
スクリーンドローを終了 Esc
ツールの幅 1 ~ 8
元に戻す Ctrl+Z
やり直し Ctrl+Y
図形
フレーム F
ハイライト H
楕円 E
ペン P
ライン L
矢印 A
K
B
シアン C
G
Y
W
マゼンタ M
R
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています