Snagit (Mac): macOS 10.13 High Sierra と TechSmith システム オーディオ コンポーネント

問題

最新バージョンの macOS X (10.13 - High Sierra) には新しいセキュリティ機能が実装されており、TechSmith System Audio Capture カーネル拡張機能をインストールして使用する Snagit の機能に影響があるため、次のステップを実行するまでは、システム オーディオを録音することができません。

2017-10-06_11-14-00.png

解決方法

これは既知の問題で、現在 Apple とともに調査中です。macOS 10.13 にアップデートする前に TechSmith 製品のシステム オーディオ コンポーネントをインストールしたユーザーには影響がありません。macOS 10.13 で初めてオーディオ キャプチャ コンポーネントをインストールする新規ユーザーのみが影響を受けます。

注意: macOS 10.13 High Sierra のベータ版では、オーディオ キャプチャ コンポーネントをインストールした後にカーネル パニックが発生する場合があります。拡張機能のインストール後にカーネル パニックが発生する場合は、macOS 10.13 High Sierra のリリース バージョンを実行していることを確認してください。

拡張機能を有効にする手順

  1. Snagit を開き、メニューバーから Snagit > [Preferences] (基本設定) > [Capture] (キャプチャ) タブに移動し、システム オーディオ コンポーネントをインストールするオプションをクリックします。
  2. [システム環境設定] を開きます。
  3. [セキュリティとプライバシー] を開きます。
  4. [一般] タブの下の [許可] をクリックします。
  5. Snagit でシステム オーディオを録音してみてください。 システム オーディオ コンポーネントの再インストールを求められることがあります。 その場合は手順に従って再インストールしてから、もう一度試してください。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています