Snagit (Windows): 管理機能の変更に関するログ

この記事では、Snagit を維持管理してユーザーに導入する IT 管理者やソフトウェア パッケージ担当者に直接関係する Snagit の重要な変更点について説明しています。(エンド ユーザー向け) リリース ノートを表示するには、こちらをクリックしてください。

ヒント:

Snagit 2018.0.2 (2017 年 12 月 19 日)

  • ビデオ キャプチャを処理する際に Windows 7 がクラッシュする不具合を修正しました。
  • Windows Media Feature Pack が Windows Server 2012 R2 または Windows N にインストールされていない場合に、起動時にクラッシュする不具合を修正しました。
  • Enterprise ユーザーが自動クラッシュ ダンプの生成を無効できるオプションを追加しました。
  • Snagit Enterprise がインストールされたマシンでユーザー プロファイルを作成できない場合がある問題を修正しました。

TechSmith Deployment Tool (2017 年 11 月 14 日)

Snagit 2018.0.1 (2017 年 11 月 14 日)

Snagit 13.1.5 (2017 年 11 月 14 日)

  • 更新により、セキュリティに関する潜在的な問題に対処しました。

Snagit 13.1.3 (2017 年 5 月 24 日)

不具合の修正

  • 更新により、セキュリティに関する潜在的な問題に対処しました。

Snagit 13.1.2 (2017 年 4 月 18 日)

不具合の修正

  • 一部の Windows 7 マシンで画面を録画しようとするとエラーが発生する問題を修正しました。

機能

  • 翻訳された XLIFF ファイルを再インポートすることで、翻訳ファイルを更新できるようになりました。

Snagit 13.1.1 (2017 年 2 月 28 日)

不具合の修正

その他

  • Windows Server 2012 を実行する Citrix ベースの環境では Web カメラから録画する機能がサポートされなくなりました。

Snagit 13.1.0 (2017 年 1 月 24 日)

機能

  • カスタマイズされたツール、テーマ、キャプチャ プリセットを使用して Snagit を導入できます。

Snagit 13.0.0 (2016 年 6 月 7 日)

機能

Snagit 12.2.0 (2014 年 8 月 26 日)

機能

  • 自動保存場所をカスタマイズする機能が追加されました。
  • 仮想環境でのキャプチャ ワークフローのパフォーマンスが向上しました。