Snagit(Windows)2018バージョン履歴

2018年6月28日:Snagit2018.2.1

  • Webセキュリティプロトコルを更新しました。
  • Windows 7におけるメモリリークを修正しました。

2018年6月19日:Snagit2018.2.0

  • フランス語を追加しました。
  • 消しゴムツールにカーソルビューを追加して、消去される領域が表示できるようにしました。
  • 角丸ハンドルを追加し、四角形の角の調整を可能にしました。
  • MicrosoftWindows 7で音声デバイスを変更する際に発生するエラーを解決しました。
  • Urban Themeの下で既定値スタイルをリセットする際に発生するクラッシュを解決しました。
  • ドロップボックスの共有ダイアログで「宛先フォルダを選択」が選択できないバグを修正しました。
  • Microsoft Windows 10(1803)でGIFを作成する際に発生するクラッシュを解決しました。
  • MicrosoftWindows7Nを実行しているシステムでSnagitが正常に動作しないバグを修正しました。
  • システム音声を無効にすると、ビデオ録音用のマイク音声も無効になるというバグを修正しました。
  • 以前にカスタム色が選択されていた場合、ユーザーが背景色を更新できないバグを修正しました。
  • GIFが特殊文字のあるファイル名では保存できないというバグを修正しました。
  • フランス語とドイツ語の文字がSnagitのバナーメッセージで正しく表示されない問題を解決しました。
  • 特定のシステムDPI設定下でGoogle Chromeウィンドウでのスクロールキャプチャを使用したときに発生したバグを解決しました。
  • ビデオキャプチャのエラー18での失敗を解決しました。

2018年3月27日:Snagit2018.1.1

  • ビデオの選択領域を移動する際に、新しい場所が認識されるように修正されました。
  • Twitterの文字数制限を280に引き上げました。
  • ズーム時のキャンバススナップのパフォーマンスを改善しました。
  • Snagit にフォーカスがない際に、ホットキーがファンクションキーと併せて機能するように修正されました。
  • カスタム出力経路を設定してSnagitを使用する際に発生するクラッシュを修正し、環境マクロ使用時にインストールされた出力フォルダを作成できるようにしました。
  • OneNote出力が設定を保存するよう修正しました。
  • スタンプカーソルがスタンプツールアイコンを反映するように更新しました。
  • オフラインPDFヘルプドキュメントを更新しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善を行いました。

2018年2月6日:Snagit2018.1.0

  • キャンバスにオブジェクトのスナップ機能を追加しました。
  • キャプチャ中にPowerPointおよびWordのウィンドウを自動的に選択するためのサポートを改善しました。
  • トライアルワークフローとアンロックワークフローの文言とレイアウトを変更しました。
  • Snagit Editorのフローティングプロパティは常にフォント名を表示します。
  • ビデオ録画用に超低フレームレート設定を追加しました。
  • Enterキーを使用して十字線による選択を開始できる機能を再導入しました。
  • 暗色テーマのボタンとタブの色を調整しました。
  • テーマを設定すると、選択されたテーマでSnagitが起動します。
  • Snagit Editorで、ツールの切り替えによって新しいクイックスタイルが作成されてしまう問題を修正しました。
  • 内蔵のウェブカメラが作動しない際にUSBウェブカメラが認識できる機能を追加しました。
  • キャプチャウィンドウのビデオタブのメニューに既定値マイク デバイスが表示されるように修正しました。
  • Snagit Editorが特定の隠し設定ファイルに書き込みをしない問題を修正しました。
  • [元に戻す] と [やり直し] を使用する際に発生するいくつかのSmart Moveの問題を修正しました。
  • Windows 7 64ビット版でカーソルをキャプチャできない問題を修正しました。
  • 最初の起動時にCtrl-Cを操作するためにSnagitEditorを手動でフォーカスする必要がなくなりました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善を行いました。

2017年12月19日:Snagit2018.0.2

  • エンタープライズマシンで Snagit がユーザープロフィールの作成を妨害する場合があるという問題を修正しました。
  • エンタープライズユーザーの自動クラッシュダンプの生成を無効にするオプションが追加されました。
  • トライアルカウントダウン画面のロック解除ボタンがすべて「ソフトウェアキーを入力する」と表示されるように更新しました。
  • 初期画面のボタンのテキストを「ログインして試用開始する」および「ソフトウェアキーを入力する」に変更しました。
  • Windows Media Feature PackがWindows Server 2012 R2またはWindows Nにインストールされていない場合の起動時のクラッシュを修正しました。
  • アプリ内メッセージが更新された際にSnagitEditorがクラッシュする問題を修正しました。
  • Windows 7でビデオキャプチャを処理する際に発生するクラッシュを修正しました。
  • テキスト取得結果ウィンドウ月Escキーで終了できるように更新しました。
  • 起動時にSnagitが遅滞し応答しなくなる問題を修正しました。

2017年11月14日:Snagit2018.0.1

  • 矢印に矢先がなく、新しいクイックスタイルが作成されてしまう場合があるという問題を修正しました。
  • フローティングテキスト設定が変更され、フォント名が一貫して表示されるようになりました。
  • ビデオの初期化をキャンセルするとクラッシュする問題を修正しました。
  • ドイツ語のUIレイアウトを変更しました。
  • 写真品質のオートフィルが透明度を無視しないように修正しました。
  • Snagit Editorの起動を妨げるクラッシュを修正しました。
  • Snagitにログインしようとしたときに発生することのあるクラッシュを修正しました。
  • SnagitがWindows終了を妨げる原因となる問題を修正しました。
  • TechSmithアップデータのメモリリークを修正しました。

2017年10月24日:Snagit2018.0.0

スマートムーブ

  • キャプチャした画像内ですばやくテキストやオブジェクトが移動できるようになりました。UIとその基礎となるテクノロジーが変化した際に、画像コンテンツを最新の状態に保てます。
  • キャプチャをすばやく編集することで、変更や提案を伝達したり、フィードバックすることができます。

テキスト置換

  • キャプチャ内でテキストを移動するだけでなく、直接編集することもできます。

テキスト取得

  • 画面上にテキストをキャプチャする、またキャプチャ後に画像全体からテキストを検索してコピーする、あるいは画像の選択領域内から特定のテキストを取得することを選択できます。

その他の変更点

  • 新規ユーザーのオンボーディングのためのアプリ内メッセージを追加しました(Snagit Editorのバナーにあるヒントをご参照ください)。
  • トレイから画像やビデオをpngまたはmp4形式でOSにドラッグします。
  • OSで最近使用されたフォントが、Snagit Editorのリストの一番上に表示されます。
  • いくつかのバグを修正し、その他のワークフローの改善を加えました。