Snagit(Mac)のバージョン履歴

2018年10月23日:Snagit 2019.0.0

画像を結合する

  • 複数のスクリーンショットを1つの画像に結合することで、一連の手順を素早く簡単に説明できます。

ツールを簡略化する

  • 時間の経過とともに更新が少なくて済む、シンプルなキャプチャーのバージョンを自動的に作成し、視聴者の関心を最も重要な部分に集中させ、ローカリゼーションコストを削減します。
  • 自動的な方法によって必要とする結果が得られない場合は、専用のマニュアルツールで簡略化した画像に磨きをかけてください。それでも、処理を大幅にスピードアップさせることができます。数時間かかっていたプロジェクトを数分でできるようになりました。

お気に入りツール

  • 最も使用頻度の高いQuick Stylesをツールでお気に入りにしましょう。ワンクリックするだけでお気に入りのツールスタイルを保持出来ます。不必要なツール交換の手間がなくなりました。

スタンプ検索

  • 検索用語を使用し、Snagitに付属している膨大な数のスタンプの中から必要なものをすばやく見つけて選択することができます。

その他の変更点

  • [and] キーを使用して、消しゴムサイズを変更できます。
  • オブジェクトのZオーダーの変更にホットキーが追加されました。
  • 自由形状ポリゴンを使用してぼかしオブジェクトが作成できます。
  • ぼかしツールは、お気に入りの図形を保存するために迅速なスタイルをサポートします。
  • 背景画像だけでなく、キャンバス上の浮遊画像にスマートムーブが使えるようになりました。
  • 多数のバグを修正し、その他のワークフローの改善を加えました。

2018年9月25日:Snagit 2018.2.3

  • MacOS 10.14 Mojaveのサポート
  • macOS 10.14 MojaveでSnagitを初めて使用する際のカメラ&マイク許可のサポートを改善しました。
  • iMac Pro 2017とMacBook Pro 2018でのTechSmithシステムオーディオコンポーネントの有効化およびインストールを防ぎます。
  • macOS 10.14 Mojaveで、ビデオを録画中のマイクオーディオが録音に失敗することはなくなりました。
  • 録画完了後、SnagitメニューバーのWebカメラが無効になる問題を修正しました。
  • Snagitメニューバーアイコンからマイクを選択できない問題を修正しました。
  • 地域選択で複数のウィンドウを開いていた際にクラッシュする問題を修正しました。
  • Goo.glショートURLサービスは、2019年3月30日に廃止される予定です。既存のリンクは全て引き続き機能しますが、SnagitからのGoogleドライブ共有は長いGoogleドライブリンク形式になります。
  • ペーストされたテキストを正しく表示するため、吹き出しが修正されました。
  • フローティングイメージは、他のオブジェクトと並べやすくなりました。

2018年9月5日:Snagit 2018.2.2

  • 今後のMacOS 10.14 MojaveのリリースでSafariとChromeのキャプチャに関する問題を修正しました。
  • その他のバグ修正、ローカリゼーションのアップデート、およびパフォーマンスの改善。

2018年6月28日:Snagit 2018.2.1

  • 編集済みマーカーが誤ったキャプチャ上で表示される問題を解決しました。
  • ビデオ録画の10.13以後に、全画面ビデオ録画ボタンが画面に表示され続ける問題を解決しました。
  • キャプチャが順不同でインポートされる問題を解決しました。
  • ビデオタイムラインをクリックすると、プレイヘッドがジャンプしない問題を解決しました。
  • アイテムをクリックした際に効果スタイルをリセット出来ない問題を解決しました。
  • 初めてDropboxで認証する際にクラッシュする問題を修正しました。
  • 「プレーンテキストを作成」がダークテーマで見えるようになりました。
  • その他のバグ修正、ローカリゼーションのアップデート、およびパフォーマンスの改善。

2018年6月19日:Snagit2018.2.0

新機能

  • フランス語を追加しました。
  • ポリゴンオプションを選択ツールに追加しました。
  • 消去される領域を表示するためにカーソルビューを消しゴムツールに追加しました。
  • ぼかしツールのプロパティに新しい形状と、キャンバス上でぼかしオブジェクトを回転させる機能を追加しました。
  • グラブテキストウィンドウに 「Plain Textを作成」のボタンを追加しました。
  • サポートされていないCMYKファイルにファイル変換を追加しました。

Snagitエディタ

  • 消しゴムツールのクイックスタイルアイコンが改善されました。
  • ステップツールの垂直方向と水平方向の反転を改善しました。
  • 選択後に自動塗りつぶしを使用すると、背景の塗りつぶしが1ピクセルずれる問題を解決しました。
  • ぼかしがキャンバスの端にスナップしていなかった問題を解決しました。
  • SnagitEditorがGoogle Docsからの画像をコピー/ペーストしない問題を解決しました。
  • ステップツールテキストが中心から外れて表示されていたバグを修正しました。

キャンバススナップ

  • スナップしている間オブジェクトのためにスペースを広げました。
  • スナップのガイドラインを改善しました。
  • 一時的にスナップのオン/オフを切り替えるためのホットキーを追加しました。

ビデオ録画

  • 録音中、マイクの音声が検出された際に表示されるバグを修正しました。
  • ウェブカメラ使用時に録画が完了しないバグを修正しました。
  • 録音を停止させた際にWebカメラのライトが点滅しなくなりました。

その他の改善とバグ修正

  • 複数選択されたオブジェクトの処理を改善しました。
  • 矢印キーを使用してキャンバスオブジェクトを移動する機能が向上しました。
  • クイックルックがSnagitEditorに引き続き表示されるバグを修正しました。
  • カラーピッカーをクリックした後に起こるSnagitEditorのクラッシュを修正しました。
  • グラブテキストを複数回すばやく使用した後に起こるSnagitEditorのクラッシュを修正しました。

2018年 4月17日:Snagit2018.1.2

  • タグを削除するために右クリックを修正しました。
  • いくつかのツールで透明スウォッチが表示されない問題を修正しました。
  • キャプチャ日付がキャプチャが最初に行われた日を正しく反映していない問題を修正しました。
  • 図形を描画する際、Option / Altキーを押すためにカーソルの更新の問題を修正しました。
  • ウェブからエディタにドラッグされた画像に関する問題を修正しました。
  • ランダムに生成されるクイックスタイルの問題を修正しました。
  • パノラマキャプチャの最後のキャプチャをリピートするが修復されました。
  • エディタを閉じた際に最近のフォントが保存されます。
  • ライブラリ内の故障したサムネイルを修復しました。

2018年3月6日:Snagit 2018.1.1

キャプチャ

  • キャプチャHelper(メニューバーのアイコン)によるメモリ使用量を削減しました。
  • 全画面モードでウェブカメラを録画する際に、UIにアクセス出来る機能を追加しました。

エディタ

  • Snagitを再起動した後でも可視画像の中で以前に塗りつぶされた領域が残るよう、塗りつぶしツールを修正しました。
  • 100%以上に拡大した際に、キャンバス上でオブジェクトを移動した後に残されたアーチファクトを除去しました。

ライブラリー

  • フォトのように、他の画像アプリケーションからライブラリにファイルをドラッグ・アンド・ドロップする機能が追加されました。
  • ファイルを有効化する>ライブラリで画像の閲覧時に印刷する

共有

  • Screencast.comと共有する際のセキュリティが向上しました。
  • ファイルのデータ(TIFF)がファイル拡張子(PNG)と一致するように、ライブラリからの画像のエクスポートを修正しました。

ツール

  • カスタムポリゴン図形をテーマと共にインポート/エクスポートする機能を追加しました。
  • 形状を変更せずにコピー&ペーストができるようにポリゴン図形を修正しました。
  • Moveツールを使用して図形、吹き出し、またはテキストを移動した後に透過色が使用できない問題を修正しました。
  • 新しいテーマを作成する際にTの矢印をクイックスタイルとして追加しました。
  • アウトラインがある四角い吹き出しを除き、回転した吹き出しは黒い背景ではなくなりました。
  • キャンバスで吹き出しを選択すると、吹き出しのアドバンスプロパティが表示されるようになりました。
  • 吹き出しに関連するメモリリークを修正しました。

ビデオ

  • アクセスが不可能なフォルダの場所に保存する際のメッセージングを改善しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善。

2018年2月6日:Snagit 2018.1.0

新機能

  • シェイプツールにポリゴンを追加しました。
  • ポリゴンオプションで素早く多面図形を作成することができるようになりました。
  • キャンバスにテキストを貼り付けます。
  • 別の場所からテキストをコピーして貼り付ける際、キャンバスに新しいテキストボックスを作成します。

その他の変更点

  • スプレッドシートグリッドと機能するよう、自動塗りつぶしの機能を追加しました。
  • 手動での選択で、選択領域のサイズが表示されるようになりました。
  • 大きな画像での自動塗りつぶしの速度が向上しました。

ツール

  • 矢印ツールで測定値を表示するには、新しいT字型矢印のヘッドを使用してください。

Snagitエディタ

  • 不足していたキャプチャアラートで「これを再度表示しない」のオプションを選択できるようになりました。
  • ツールプロパティでアウトラインカラーを追加または削除すると、プロパティのライン幅が追加または削除されるようになりました。
  • アイドル時のキャプチャヘルパーのCPU使用量を削減しました。
  • 全画面モードの際に、エスケープキーを使用してエディタを終了できます。
  • 矢印キーを使用してスマートムーブオブジェクトを移動できない問題を修正しました。
  • Snagitを起動するたびに表示されていた「テーマにフォントがありません」という通知を抑制するオプションを追加しました。
  • カスタマイズ・ツールバーメニューは、4kのディスプレイでもズレが生じることがなくなりました。
  • [macOS 10.13のみ] HEIF画像の表示専用サポート。

ライブラリ

  • ライブラリでのタグ付けに関する自動提案を修正しました。
  • ライブラリー内のキャプチャで一度に1つのタグしか削除できないという問題を修正しました。

共有

  • 共有 > Outlook出力の使用時にMicrosoft Outlookに画像を埋め込むことができなかった問題を修正しました。
  • 可能であれば、Microsoft PowerPointへの共有のキャプチャが現在のスライドに追加されるようになりました。
  • 動画をMicrosoft Officeアプリと共有することができます。
  • FTPタグの例をクリック可能なボタンに置き換えました。
  • FTPカスタムコードがドイツ語の文字で機能するように修正しました。

トライアル/ロック解除

  • ソフトウェアキーを入力した後、Snagitボタンでの開始が正しく表示されるようになりました。
  • [macOS10.12.6]ソフトウェアキーの入力の際、Snagitが突然終了することはなくなりました。

2017年12月12日:Snagit2018.0.2

  • 最近のトレイ項目に修正されたツールチップを追加しました。
  • タグの上にに引きずるバックスラッシュが存在する場合、ライブラリ内でのクラッシュを修正しました。
  • Snagitプロジェクトをライブラリで読み込む際の断続エラーを修正しました。
  • Snagit / OSグラブインテグレーション:システムグラブインテグレーション使用時のクラッシュを修正しました。
  • マジック・ワンド: 塗りつぶされたキャンバスオブジェクトのサイズ変更を行う際のスケーリングを改善しました。
  • グラブテキスト: アバウト・ダイアログ内のテキストをコピーできるようになりました。
  • グラブテキスト: 進行の移り変わりを改善しました。
  • キャンバススナッピング: オブジェクトを直線に沿って移動させる際のキーボードのサポートを改善しました。
  • macOSHigh Sierraのをサポートを改善しました[10.13.2]
  • ドイツ語のローカリゼーションが改善されました。

2017年11月14日:Snagit 2018.0.1

  • SnagitMac v4からプリセットを使用する際にエラーが発生する問題を修正しました。
  • 画像をライブラリにインポートする際にSnagitEditorが不安定になる問題を修正しました。
  • 編集した動画を保存する際にクラッシュする問題を修正しました。
  • Googleドライブとの共有を改善しました。
  • すでに使用されているキャプチャショートカットを再使用する際のメッセージングを改善しました。
  • Microsoft Office製品との共有が改善されました。
  • 共有したキャプチャのRetinaサポートを改善しました。
  • Grab Textの認識を改善しました。
  • 他の様々なバグの修正とパフォーマンスの改善。

2017年10月24日:Snagit 2018.0.0

スマートムーブ

  • キャプチャーした画像の中で素早くテキストやオブジェクトを移動できます。UIとその基礎となるテクノロジーに変化が生じた際に、画像のコンテンツを最新の状態に保ちます。
  • キャプチャを素早く編集することで、変更や提案を伝えたり、フィードバックを送ることが出来ます。

テキストの置換

  • キャプチャでテキストを動かすだけでなく、直接編集を行ってみてください。

グラブテキスト

  • 画面上のテキストをキャプチャするか、画像全体からキャプチャした後テキストを見つけてコピーするか、特定のテキストを得る為に画像内の領域を選択します。

キャンバスでのスナップ

  • Snagit Editorでオブジェクトをドラッグすると、他のオブジェクトやキャンバスに合わせてスナップします。

その他の変更点

  • オンボードのアプリ内メッセージを追加しました。(ヒントはSnagit Editorのバナーをご参照ください)
  • ネイティブキャプチャツール「グラブ」を使用する際、編集またはファイル変換のために画像をSnagitに保存してください。
  • ピクセル化されたぼかしを追加しました。
  • 共有の間、一部の共有先をキャンセルするオプションが追加されました。
  • MOV動画ファイルサポートを追加しました。
  • いくつかのバグを修正し、その他のワークフローの改善を加えました。

2018年9月25日:Snagit v4.1.10

制限付きのMacOS 10.14 Mojaveサポート

  • Snagit 4.1.10は、MacOS 10.14で画像キャプチャをサポートしています。ビデオキャプチャに関して、いくつかの既知の問題が存続しています。
  • 最新のオペレーティングシステムの完全なサポートには、Snagitを最新バージョンに更新してください。

キャプチャ

  • 今後のMacOS 10.14 MojaveのリリースにおいてのSafariとChromeでのキャプチャ、スクロール、パノラマに関する問題を修正しました。
  • ChromeとSafariで画面がフリーズする問題を修正しました。
  • あらゆる形態でのスクロールキャプチャを行う際のクラッシュを修正しました。

共有

  • Camtasia 3.xおよび2018.xとの共有に対するサポートを改善しました。
  • ファイルのメタデータが不完全な場合にライブラリがクラッシュする問題を修正しました。

ライブラリ

  • ライブラリ内の故障していたサムネイルを修復しました

2018年3月27日:Snagit v4.1.9

  • Screencast.comの出力に関するセキュリティ問題を修正しました。
  • Snagit終了後に、永続的に共有する問題を修正しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善。

2017年11月14日:Snagit v4.1.8

  • Firefoxブラウザでのスクロールキャプチャを改善しました。
  • macOS High Sierra [10.13] キャプチャウィンドウ経由で追加する際、新しいプリセットが正しく更新されませんでした。
  • 特殊なドイツ語の文字を含むテーマの名前を変更する際の問題を修正しました。
  • 動画を保存する際、進行状況バーを追加しました。
  • その他様々なバグの修正とパフォーマンスの改善。

2017年9月20日:Snagit v4.1.7

  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2017年9月19日:Snagit v4.1.6

  • macOS High Sierraのサポートの改善
  • High Sierraの準備の際、全てのキャプチャを処理して色空間を維持します。
  • 選択を調整する矢印キーの使用が適切に機能しない問題を修正しました。
  • アウトプットが喪失し、再追加できなかった問題を修正しました。
  • Webブラウザ内のスクロールキャプチャのために、Firefoxアドオンを修正しました。
  • Snagitが文書を保存したり、既存の文書を置き換えることを妨げる保存の問題を修正しました。
  • 元に戻す/やり直しの信頼性を改善しました。
  • さまざまな動画編集の改善を行いました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2017年6月20日:Snagit v4.1.5 

  • YouTubeチャンネルを設定していない場合、YouTubeに共有しないことについてのメッセージを追加しました。
  • YouTubeにログインする際、キャンセルするとクラッシュする問題を修正しました。
  • Googleドライブにログインする際、Snagitをキャンセルする、もしくは閉じるとクラッシュする問題を修正しました。
  • バッチエクスポート、インポートスタンプ、および保存オプションの最終ファイルの場所が記憶されていない問題を修正しました。
  • 再度ユーザーサインインを必要とするよう、Dropbox APIをアップグレードしました。
  • アウトプットからMS Officeドキュメントに画像を貼り付ける際に失敗する問題を修正しました。
  • Screencast.comと共有する際の信頼性と応答性が向上しました。
  • Snagitがアプリケーションフォルダに表示されない問題を修正しました。
  • QuickTime Playerで長いMP4ファイルを再生できない問題を修正しました。
  • 切り取りを元に戻したり取り消したり出来ない問題を修正しました。
  • ファイル通知をクリックした後にFinderが開かない問題を修正しました。
  • ライブラリの外に保存されたキャプチャが共有を妨げる問題を修正しました。
  • イメージトレイに閉じるボタンを表示する際、マウスの移動が必要な問題を修正しました。
  • プリファレンスでのオープニングの出力をより速くしました。
  • テキストボックスのサイズを変更した後、元に戻す際にクラッシュする可能性を修正しました。
  • Get InfoビューのウェブURLをクリック可能にしました。

5月9日、2017:Snagit v4.1.4

  • トライアル処理の変更
  • 複数のYouTubeアカウントへの共有を再度有効にします。
  • サインインワークフローの改善。
  • いくつかの自動塗りつぶし選択が保存されない問題の修正。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

4月18日、2017:Snagit v4.1.3

  • Snagitと他の出力にログインすると、Googleドライブ、YouTube、Screencast、RelayはSnagitのシートではなくディフォルトのブラウザに送信します。
  • ライブラリの「タグなし」でフィルタリングできるようになりました。
  • 選択した単一のオブジェクトをキャンバス上に揃えることができるようになりました。
  • 動画再生ヘッドをダブルクリックすると選択が解除されます。
  • カットせずに動画の一部を共有できるようになりました。
  • マジックワンドや自動塗りつぶし選択に関するクラッシュを修正しました。
  • キャプチャ情報をオンにして、キャプチャを印刷する際に正しい情報が表示されるようになりました。
  • 起動時のクラッシュを修正しました。
  • OneDrive for Businessにインポートして共有する機能を一時的に削除しました。
  • SnagitHelperのエネルギー使用量を改善しました。
  • カスタムスタンプとのやり取りを改善しました。
  • SnagitキャプチャでQuickLookを使用する際のパフォーマンスが向上しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2017年3月14日:Snagit v4.1.2

  • 最後のキャプチャを繰り返す - 同じ設定で画面の同じ部分をキャプチャします。
  • より多くのFTPカスタムコード変数を追加しました。
  • Recents trayでの複製がファインダのようになりました。
  • ハイライターに不透明スライダを追加しました。
  • Macペンツールにアンチエイリアスとベクトルトグルを追加しました。
  • テキストのアウトラインに透明のカラーオプションを追加しました。
  • 録音中に切り替わるウェブカメラのためにホットキーを追加しました。
  • GoogleドキュメントからSnagitに送られてくる画像を妨げる問題を修正しました。
  • テーマの名付けと管理に対し様々な修正を行いました。
  • 自動塗りつぶし背景の選択に関する様々な問題を修正しました。
  • ライブラリビューの読み込みのパフォーマンスが向上しました。
  • キャプチャ開始時のパフォーマンスが向上しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2017年2月7日:Snagit v4.1.1

  • ドイツ語のユーザーインターフェイスでの「すべてコピーする」の切断状態を修正しました。
  • テキストオブジェクトを描画する際のクラッシュを修正しました。
  • 共有履歴に表示されないYouTubeの共有に関する問題を修正しました。
  • 最近のトレイの開閉時に、プレーヤーコントロールが消えてしまう問題を修正しました。
  • より多くのFTPカスタムコード変数へのサポートを追加しました。
  • その他のバグを修正とパフォーマンスの改善

2017年1月24日:Snagit v4.1.0

  • 共有スタイル/テーマ
  • カラーピッカーでのクイックスタイルとカラーのセットの切り替えを行います。
  • ツールごとに複数のクイックスタイルのセットを明確にし、それらのセットを組織内の他のユーザーと共有します。
  • 背景の自動塗りつぶし
  • キャプチャからコンテンツを移動または削除した後、自動的に背景を塗りつぶすための選択ツールを更新しました。
  • 再キャプチャせずにスクリーンショットからオブジェクトを簡単に変更したり削除したりすることができます
  • マジックワンド
  • 一点を選択し、誤差を調整して色などの選択をしてください。
  • 背景自動塗りつぶしで機能します。
  • 翻訳ワークフロー
  • 吹き出しからSnagit内のテキストとマークアップを抜き取り、XLIFFファイルを交換してテキストを翻訳してください。
  • キャプチャ情報
  • お好みのキャプチャでアプリケーション名、バージョン番号、キャプチャされた時刻、およびOSの種類を自動的に追加してください。
  • パノラマキャプチャはオールインワンのワークフローになりました。
  • パフォーマンスの向上

2016年11月29日:Snagit v4.0.7

  • 遠隔測定データの修正

2016年10月25日:Snagit v4.0.6

  • 64ビットPowerPointの録画中にSnagitがクラッシュしなくなりました。
  • クイックスタイルでプリセット形状を削除する際、Snagitがクラッシュしなくなりました
  • TechSmithRelay出力を介した共有が正しくアップロードされるようになりました。
  • アプリケーションを再起動した後で、すべてを元に戻すがEffectsと正しく機能するようになりました。
  • #macのツイートがオンボーディングの「最新ニュース」セクションに正しく読み込むようになりました。
  • MacOS 10.12のサポートを改善しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2016年9月13日:Snagit v4.0.5

  • FTP出力の共有の改善
  • 「macOS 10.10」ズーム時のトリミングのワークフローを改善しました。
  • エフェクトポップオーバーがキャプチャ中に画面に残らなくなりました。
  • 吹き出しと共にコピー/ペーストする際、シャドウプロパティが失われる問題を修正しました。
  • 複製された画像文書がオリジナルと同じタグを所持しない問題を修正しました。
  • キャンバスが複数の切り抜きのキャンセルを消去する問題を修正しました。
  • Onboarding orbがSnagitの終了を妨げる問題を修正しました。
  • 大きな画像でのエディタのサイズ変更を改善しました。
  • 今後のMacOS 10.12リリースのサポートを強化しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2016年7月13日:Snagit v4.0.4

  • FTP出力にはクリップボードオプションへのコピーURLがあります。
  • 今後のMac OSリリースへのサポートを強化しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

2016年6月28日:Snagit v4.0.3

  • エクスポートビューからクイックスタイルの削除を試みた際に起きていたクラッシュを修正しました。
  • 各キャプチャ後に設定ウィンドウが再度開く問題を修正しました。
  • 時折、拡大ツールがキャプチャしない問題を修正しました。
  • 特定のJPEGファイルが開かない問題を修正しました。
  • 重複したStampsフォルダによってSnagitエディタが応答しなくなる問題を修正しました。
  • Snagitライブラリは、キャプチャのタグ付けとアプリケーションデータを保存するための個別の.plistファイルを作成するようになりました。
  • ログイン時の起動がアップグレード後に正しく登録されたことを確認することにより、「常にSnagitをバックグラウンドで実行する」チェックボックスが尊重されるようになりました。
  • 様々なバグの修正とパフォーマンスの改善。

2016年 6月15日:Snagit v4.0.1

  • ユーザーオプションが有効になっていなくても、遅延キャプチャ機能が起動されていた問題を修正しました。
  • SnagitMac版がバージョン3.xからバージョン4.xへアップグレードされた後、即時に「保留中のキャプチャ」が開かなかった問題を修正しました。
  • GIF上の複製が原因でSnagitが使用出来なくなった問題を修正しました。
  • ウェブカメラプレビューを録画する際Snagitを終了できない問題に関しては、画面中央に修正しました。
  • キャプチャウィンドウは、キャプチャプリファレンスでユーザー設定を尊重するようになりました。
  • エフェクトが存在する際に、画像サイズの変更が尊重されるようになりました。
  • FTP設定手順を改善しました。
  • カスタマイズされたツールバーのパフォーマンスを改善しました。
  • 編集した動画の保存がはるかに速くなりました。
  • さまざまなバグの修正とその他のパフォーマンスの改善

2016年6月7日:Snagit v4.0.0

  • キャプチャのための新しいデザイン
  • エディタ内からキャプチャを開始する機能を更新しました。
  • キャプチャプリセットを作成する新しい合理化された方法です。
  • パノラマキャプチャ
  • この斬新なスクロールキャプチャ方法で、高く、幅の広い、または無限のスクロールコンテンツをキャプチャしてください。
  • 再設計されたプロパティおよびエフェクトの変更のためのサイドパネル
  • ツール
  • 新しいクロップツール
  • 新しいテキストツール
  • カラーピッカー
  • 新しい拡大ツール
  • 新しいライブラリ
  • ブラウズ、検索、整理、タグキャプチャ
  • バッチエクスポート画像
  • 一般/共有
  • エディタ内からキャプチャを起動する
  • 明暗のテーマエディタとキャプチャウィンドウ
  • 新しい共有の履歴
  • 共有先をツールバーに追加する機能
  • キャンバス上の画像を扱う際のパフォーマンスを向上させる
  • ズーム時のパフォーマンスを向上させる
  • アウトライン化されたテキスト
  • 新しい吹き出し図形
  • 新しく更新されたスタンプ
  • ウェブカメラ
  • Snagitのリアルタイムエンコーディングを維持しながらウェブカメラ動画を録画する機能
  • 録画中にウェブカメラとスクリーン動画の間で切り替えをする
  • 内蔵ウェブカメラと標準USBウェブカメラは全てサポートされます。
  • アニメーションGIF
  • 動画の録画からGIFを作成する
  • プリセットとカスタムGIF設定が利用可能
  • GIFの開始と終了での 「黒へとフェードする」のオプション
  • 動画の選集からGIFを作成する
  • アニメーションGIFをサポートする出力先経由の保存と共有
  • 5Kモニターでの画像キャプチャのサポートをする
  • より高いフレームレート
  • 完全なretina寸法を保持するオプション
  • より簡単な動画編集

2016年3月8日:Snagit v3.3.7

  • 更新プロセス中に発生したSparkleセキュリティの脆弱性をお知らせしました。
  • 最後の保存場所は「El Capitan」Mac OS 10.11では尊重されていません

2015年10月20日:Snagit v3.3.6

  • トライアル期限切れのユーザーによるキーの購入または入力を妨げるバグを修正しました。
  • バグの修正と改善

2015年8月25日:Snagit v3.3.5

  • TechSmithアカウントに保存されているキーを使用してサインインし、自動的にソフトウェアのロックを解除することができます。
  • スクロールキャプチャの改善
  • バグの修正と改善

2015年6月23日:Snagit v3.3.4

  • スクロールウィンドウキャプチャの改善

2015年5月12日:Snagit v3.3.3

  • カラーピッカーが正確な色を選択しない問題の修正
  • バグの修正と改善

2015年4月14日:Snagit v3.3.2

  • SnagitMac版のFirefoxでのスクロールキャプチャ を修正しました。
  • バグの修正と改善

2015年3月17日:Snagit3.3.1

  • バグの修正と改善

2015年2月24日:Snagit v3.3

  • 製品内およびウェブサイトのTechSmithアカウントにサインインできるようになりました 。
  • OneDrive for Business統合、そしてOneDrive for Businessからのインポートおよびエクスポートを含むMy Placesを追加しました。
  • 録画コントロールの縮小ができるようになりました。
  • TechSmithRelayで直接Snagitレコーダーを使用出来る機能を加えました。
  • キャプチャワークフローを改善しました。
  • Mac OS X 10.8のサポートを削除しました。
  • バグの修正

2014年10月29日:Snagit v3.2.3

  • 製品内のヒントとコツを導入しました。
  • バグの修正

2014年10月15日:Snagit v3.2.2

  • Yosemiteサポートを改善しました。
  • バグの修正

2014年9月30日:Snagit v3.2.1

  • Snagitバージョン3でドイツ語が利用出来るようになりました。
  • その他のメジャーおよびマイナーなバグ修正

2014年8月26日:Snagit v3.2

  • バッチエクスポート
  • 動画キャプチャの安定性を改善しました。
  • 動画キャプチャ時のオーディオ録音を強化しました。
  • その他の重要なおよびマイナーなバグ修正
  • 2014年7月10日:Snagit v3.1
  • Dropbox共有(貼り付けのためにリンクが返されました)
  • システムオーディオを録音する機能を追加しました。
  • キャプチャ時に正確な高さと幅を素早く入力します。
  • 全てのオブジェクトを一度に平坦化する機能を追加しました。
  • 多数のバグ修正

2014年5月20日:Snagit v3.0.2

  • ビデオキャプチャ終了時のクラッシュバグを修正しました。
  • Snagitメニューバーアイコンが重複表示されるバグを修正しました。
  • その他のマイナーなバグ修正

2014年5月13日:Mac v3.0上のSnagit

  • 動画の一部の切り取りを可能とする動画トリミング機能を追加しました。
  • 動画トリミングとプロファイルの理解を深めるため、製品内トレーニングコンテンツを追加しました。
  • キャプチャを確定する前に画像や動画を選択する必要を無くし、選択した領域を変更できる新しいキャプチャ方式を導入しました。
  • Snagit Editorの主な更新
  • オリジナルの動画キャプチャの維持が簡単になるよう保存ワークフローを改善しました。
  • 全てのキャプチャ方式にワンクリックで即座にアクセスできる新しい「キャプチャウィンドウ」です。