Camtasia (Windows): Camtasia (Recorder、PowerPointアドイン、音声ナレーション) で録音した音声の音質が悪い、または音量が小さい

 

問題

Camtasia (Recorder、PowerPointアドイン、音声ナレーション) で録音した音声の音質が悪い、または音量が小さい。

 

解決策

Camtasia で録音した時、雑音や音質が悪い場合は、次の確認を行います。

  • 入力端子でコンピューターと接続している (アナログ) マイク (またはヘッドセット) を使用している場合は、しっかり接続されているか接続個所を確認します。端子接続のマイクは、コンピューター内蔵のサウンドカードの機能を使用して録音します。サウンド (カード) ドライバーが最新版に更新されているか確認します。

    サウンド (カード) ドライバーの更新方法は、コンピューターメーカーの Web サイトで、ご使用の機種のサウンド (カード) ドライバーの更新日を確認し、更新がある場合は、ダウンロードしてインストールします。 購入したばかりのコンピューターの場合も、念のため、コンピューターメーカーの Web サイトでご確認ください。

    注意) ご使用のパソコンに 録音機能がない 場合は、録音できませんのでご注意ください。(新しいコンピューターでも録音機能のない可能性があります。)
  • USB 接続のマイク (または USB 接続のヘッドセット) を使用している場合は、Windows サウンドレコーダー (Windows 7 / 8) 、ボイス レコーダー (Windows 10) または Audacity などの他のアプリケーションで録音してみて、同じ雑音、音質の問題が起こるか確認します。これにより、原因がCamtasia に関係しているか、マイクにあるか確認できます。

    Windows サウンドレコーダーは、コンピューターの [ スタート ] > [(すべての) プログラム ] > [ アクセサリ ] > [ エンターテイメント ] > [ サウンドレコーダー ]を使用して、USB マイクから録音してみます。 同じ問題が起きる場合は、原因がマイクにある可能性があります。(マイクを変えて録音してみてください。)
  • 時にはマイクの感度が良すぎるために不必要なバックグランドの雑音を録音してしまうことがあります。これを回避するには、録画の入力レベルを下げて、マイクの感度を下げます。この場合、マイクに向かって大きな声で話す必要があるか、またはマイクを近づけて、録音可能な音量レベルになるようにします。

Camtasia でマイクから録音した時、音量が小さい場合は、次の確認を行います。

  • Camtasiaの録音設定の [ 音量 ] で音量が十分に大きく設定されていることを確認します。Camtasia Recorder の音量のスライダーを右へ移動させて調整します。

    image1.png
  • マイクの問題か、Camtasia の問題かを確認するには、Windows サウンドレコーダーで録音して音量が小さいか確認します。

    Windowsサウンドレコーダーは、パソコンの[ スタート ] > [(すべての) プログラム ] > [ アクセサリ ] > [ エンターテイメント ] > [ サウンドレコーダー ]を使用して、同じマイクで録音してみます。 同じように音量が小さい場合は、マイク自体で調整するか、Windows 内で調整する必要の可能性があります。(マイクを変えて録音してみてください。)

 

Camtasia で録音した時、音質が悪く、音声が途切れる場合は、次の確認を行います。

  • エコーキャンセルなどのサウンド拡張機能が「 オフ 」になっていることを確認してください。
    Windows 画面右下隅の日付と時刻の横にあるスピーカーのアイコンを右クリックして、[ 録音デバイス ] を選択します。デフォルトの録音デバイスをダブルクリックします。[ 拡張 ] タブがある場合は、[ 拡張 ] タブを選択して、すべての拡張機能を無効にします。

    image2.png 


    image3.png

 

 

 

 

 

203728498