Snagit (Windows): テキストの取り込みと編集に関するベスト プラクティス

問題

Snagit 2018 でテキストの取り込みまたはテキストの編集を行うと、想定どおりでない出力や望ましくない出力が得られる。

解決方法

Snagit では、Abbyy OCR エンジンを使用してテキストを認識し、キャプチャします。Snagit OCR 機能を使用する際の既知の問題とベストプラクティスを次に示します。

Snagit は、使用するフォントをどのように決定するのですか?

Abbyy エンジンは、含まれているファミリー フォントを特定し、同じファミリー内の一般的なフォントを使用してテキストを置換します。たとえば、検出されたフォントが Monospace フォントであると判別された場合、テキスト置換に使用されるフォントは Courier New になります。以下の表は、検出されたフォント ファミリー、フォントの例、および各シナリオで Snagit が使用するフォントを示しています。

検出されたフォント ファミリー

フォントの例

Snagit で使用されるフォント

Monospace

Monaco

Courier New

Serif

Century Schoolbook

Times New Roman

Sans Serif

Helvetica

Arial

コントラストが高いほど良い結果が得られる

明るい色の背景に明るい色のテキストがある場合、OCR エンジンで認識するのが難しいことがあります。最適な結果を得るには、テキストと背景色のコントラストが高いコンテンツを扱うようにしてください。

良い

悪い

明るい色のテキスト、暗い色の背景

明るい色のテキスト、明るい色の背景

暗い色のテキスト、明るい色の背景

暗い色のテキスト、暗い色の背景

OCR 機能を最初に使用する際は長い時間がかかる

OCR 機能 (テキストの取り込みや編集) を最初に使用する時は、その後にテキストをキャプチャする時より処理に時間がかかります。Snagit 1 回の操作で初めて OCR 機能を使用した後は、通常どおり処理が行われます。

問題が生じる可能性のあるフォントや文字

次のプロパティを持つフォントでは予期しない結果が生じることがあります。

  •        グリフまたはシンボル ベースのフォント
  •        アクセント付きのフォント
  •        手書きまたは筆記体フォント

フォントの大きさが十分であることを確認する

フォントが小さすぎる場合、Snagit はテキストが存在することを検出できません。一般的な経験則として、フォントが画面上で判読可能な場合、Snagit はそのフォントをキャプチャできるはずです。

テキスト フィールドを囲む境界ボックス

テキストが境界ボックス内にある場合、OCR エンジンはそのテキストを認識できない可能性があります。この問題を回避するには、Snagit の選択ツールを使用して境界ボックス内のテキストのみを選択し、[Edit Text (テキストの編集)] または [Grab Text (テキストの取り込み)] を選択します。

アウトライン テキストや影付きテキスト

ストローク テキストや影付きテキストでは、キャプチャに問題が生じる可能性があり、テキストが正確に読み取れない場合や、まったく認識されない場合があります。

大きなキャプチャ画像からテキストを取り込む

非常に大きなキャプチャ画像 (スクロール キャプチャやパノラマ キャプチャなど) に対してテキストの取り込み機能を使用すると、キャプチャを処理するのに非常に時間がかかることがあります。非常に大きなキャプチャ画像では、テキストの取り込みや編集を行うことはお勧めしません。代わりに、選択ツールを使用して、キャプチャの小さな一部を選択して作業してください。