Snagit (Windows): ビデオ キャプチャのトラブルシューティング

Windows 7 で Snagit 2018 を実行していて、(処理段階で) ビデオを停止すると Snagit がクラッシュまたはハングする場合は、この記事を参照してください

問題

ビデオ エンコードに対応するハードウェアがコンピューターに搭載されている場合、Snagit は録画時にコンピューターのハードウェアを利用してビデオ エンコード処理に役立てます。搭載されていない場合は、ソフトウェア エンコードが使用されます。この場合、コンピューターとハードウェアの仕様によっては、次のような症状が発生する可能性があります。

  • ビデオが同期しない
  • ビデオ フレームがドロップする
  • パフォーマンスが低下する
  • オーディオが歪む
  • エラー メッセージが表示される

解決方法

Snagit を使用してビデオを録画する際の全体的なパフォーマンスを改善するためのさまざまなオプションがあります。これはマシンごとに異なりますが、これらは一般的な問題のほとんどを解決する最も一般的な方法です。

ステップ 1: 最小要件

使用しているシステムが Snagit の最小要件を満たしていることを確認してください。

Snagit 2018

  • Microsoft Windows 10 (1703、1607、および 1511)、Windows 8.1、Windows 7 SP1 (32 ビット版および 64 ビット版)、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016
  • .NET 4.6 以降
  • 2.4 GHz シングル コア プロセッサー (ビデオ キャプチャにはデュアル コア Core i5 が必要)
  • 1 GB のメモリ (ビデオ キャプチャには 4 GB が必要)
  • プログラムをインストールするための 500 MB のハードディスク空き容量
  • Windows N でのビデオおよびパノラマ キャプチャには、Windows N 用 Media Feature Pack が必要
  • 複数のモニターまたは 4K ディスプレイを使用する場合は、64 ビット版 Snagit のインストールを推奨

Snagit 13

  • Microsoft Windows 10、Windows 8、Windows 7 SP1 (32 ビット版および 64 ビット版)、Windows Server 2012 R2
  • .NET 4.6 以降
  • 2.4 GHz シングル コア プロセッサー (ビデオ キャプチャにはデュアル コア Core i5 が必要)
  • 1 GB のメモリ (ビデオ キャプチャには 4 GB が必要)
  • プログラムをインストールするための 400 MB のハードディスク空き容量
  • Windows N でのビデオおよびパノラマ キャプチャには、Windows N 用 Media Feature Pack が必要

ステップ 2: Snagit で Web カメラを無効にする

Web カメラで録画しない場合は、Web カメラを無効にすると全体的なパフォーマンスが向上します。

  1. Snagit 13.1 以降がインストールされていることを確認します。最新バージョンはこちらからダウンロードできます
  2. Snagit のメイン キャプチャ ウィンドウを開きます。
  3. [File] (ファイル) メニューの [Capture Preferences] (キャプチャの基本設定) > [Capture] (キャプチャ) タブを選択します。
  4. [Enable Webcam] (Web カメラを有効にする) オプションをオフにします。
  5. [OK] を選択します。

ステップ 3: システム ドライバーを更新する

多くの問題は、コンピューターのハードウェア ドライバーを更新するだけで解決できます。これを行うには、コンピューター メーカーのサポート サイトにアクセスしてコンピューターのモデルを検索し、利用可能な更新があるかどうかを確認します。

Windows は最新ドライバーの自動検出を試みますが、より新しいバージョンが入手できる場合がよくあります。

最も有名なメーカーのサポート サイトの一部を以下に示します。

ステップ 4: ソフトウェアのみのモードで録画するように Snagit を変更する

Snagit がバックグラウンドで録画する方法を変更して、ハードウェア モードではなくソフトウェア モードを使用するようにすることができます。お使いのマシンによっては、Snagit でビデオを録画する際のパフォーマンス向上に役立ちます。

  1. Snagit を閉じて、まったく実行されていない状態にします。システム トレイ (時計の横) をチェックして確認してください。Snagit アイコンが表示されている場合は右クリックして [Exit] (終了) を選択します。
  2. 次の zip ファイルをダウンロードして保存します。
    1. Snagit 2018 ユーザーはこちらをクリック
    2. Snagit 13 ユーザーはこちらをクリック
  3. zip ファイルをダブルクリックして解凍します。
  4. REG ファイルをダブルクリックして実行します。プロンプトが表示されたら [OK] をクリックします。
  5. Snagit を再起動し、別のビデオを録画してみてください。

ステップ 5: 不要なプログラムを閉じる

バックグラウンドで実行されているプログラムは、実際に Snagit が利用できる貴重なリソースを占有している可能性があります。Snagit でビデオを録画する前に、不要なプログラムを終了してみてください。

ステップ 6: ビデオの品質を下げる

Snagit は、次の 3 種類の品質設定で録画することができます。デフォルトでは、Snagit は品質設定に [Medium] (中) を選択します。パフォーマンスに問題が見られる場合は、次の手順を使用して品質を下げてみてください。

  1. Snagit のメイン キャプチャ ウィンドウを開きます。
  2. [File] (ファイル) メニューの [Capture Preferences] (キャプチャの基本設定) を選択します。



  3. [Capture] (キャプチャ) タブを選択します。
  4. [Video Quality] (ビデオ品質) の設定を調整します。
品質設定 録画解像度 キャプチャ フレーム レート (最大)
Low (低) 1080p 10 FPS
Low (低) 4K 10 FPS
Med (中) 1080 15 FPS
Med (中) 4K 10 FPS
High (高) 1080 30 FPS
High (高) 4K 10 FPS

ステップ 7: 別のマイクを試す

オーディオを録音する場合は、別のマイクを使用して、パフォーマンスが改善されるかどうか確認してください。Snagit で最高のパフォーマンスを得るには、(オーディオ インターフェイスへの接続や Bluetooth 経由ではなく) USB マイクを直接接続して使用することをお勧めします 。

ステップ 8: パフォーマンス設定を変更する

多くのラップトップ コンピューターには、マシンの全体的なパフォーマンスを調整する方法があります。通常これを行うには、[コントロール パネル] > [電源オプション] カテゴリに移動し、[高パフォーマンス] で実行するオプションがあるかどうかを確認します。

ステップ 9: 4K

4K 解像度で録画する場合は、録画品質を [Low] (低) に変更し、録画サイズを選択します。4K ビデオの最大キャプチャ フレーム レートは約 10 フレーム/秒なので、この場合は低品質に変更しても高品質オプションと同じ結果が出力されますが、システム リソースの追加を要求しないという点が異なります。

  • Snagit のメイン キャプチャ ウィンドウを開きます。
  • [File] (ファイル) メニューの [Capture Preferences] (キャプチャの基本設定) を選択します。



  • [Capture] (キャプチャ) タブを選択します。
  • [Video Quality] (ビデオ品質) の設定を [Low] (低) に変更します。
  • [Scale captures to 1920x1080] (キャプチャを 1920x1080 に縮小する) チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ステップ 10: サポートに問い合わせる

他のすべてのオプションで問題が解決しない場合は、このページの上部にあるボタンを使用してチケットを送信し、サポート チームに連絡してください。

この記事は役に立ちましたか?
31人中14人がこの記事が役に立ったと言っています