Snagit (Windows): オーディオに関するトラブルシューティング

 

オーディオのひずみと同期問題

Windows 10

Windows 10 は、デフォルトで特定のデバイスへのオーディオ機能拡張が有効になっています。これは潜在的にいくつかの問題を引き起こします。

  1. [ コントロールパネル ] を開きます。
  2. [ ハードウェアとサウンド ] から [ サウンド ] を選択します。
  3. [ 録音 ] タブを選択します。
  4. 使用している録音デバイスを選択し、[ プロパティ ] を選択します。
  5. [ 詳細 ] タブを選択します。
  6. [ オーディオ機能拡張を有効にする ] のチェックをオフにし [ 適用 ] をクリックします。
  7. Snagit を再起動し、新規に録画をお試しください。

    image1.png

 

Windows 7 /  8 / 10

Snagit はコンピューター上のオーディオ デバイスが サンプルレート [ 16 ビット、44.1kHz ] に設定されている場合、最適に動作します。この設定についてよく分からなくても構いません。以下の手順に従って、ご使用のコンピューターのサンプルレートを確認します。

  1. [ コントロールパネル ] を開きます。
  2. [ ハードウェアとサウンド ] から [ サウンド ] を選択します。
  3. [ 録音 ] タブ (マイク オーディオ) または [ 再生 ] タブ (システムオーディオ) を選択します。
  4. 現在ご使用の録音/再生デバイスを選択し、[ プロパティ ] を選択します。
  5. [ 詳細 ] タブを選択します。
  6. 可能であれば [ 既定の形式 ] を [ 16 ビット、44100Hz (CD の音質) ] に変更します。

    image2.png
  7. [ 適用 ] をクリックします。
  8. Snagit を再起動し、新規に録画をお試しください。

 

外部オーディオ デバイス

マイク オーディオについて、最良の音質で録音するために、コンピューターに直接 USB マイクを接続して使用することをお勧めしています。マイクに接続する外部インターフェースを使用している場合は、そのインターフェースが 16 ビット 44.1kHz のサンプルレートを使用していることを必ず確認します。

Snagit を使用する場合、Bluetooth デバイスは再生や録画に使用することはお勧めしません。

 

オーディオにエコーがかかっています

ほとんどの場合、エコーはシステム オーディオが 2 回録音されることにより起こります。一度目はシステム オーディオ コンポーネントを通して録音され、そして再度マイク越しに録音されます。コンピューターで何かのメディアの再生を録画する場合、[ システム オーディオ ] のみを有効にします。

この問題を解決するために、マイクからの音声をオフにしてシステム オーディオのみを録音します。

 

 image3.png

システム オーディオのエラーで録画が開始できない

ほとんどの場合、この問題はご使用のパソコンのオーディオ ドライバーが古いことに起因します。ご使用のパソコンのメーカーのサポートサイトを参照し、最新のオーディオ ドライバーをダウンロードしインストールすることをお勧めします。

 

MSI 製 コンピューター : ほとんどの MSI 製のコンピューターに搭載されている Nahimic Audio と呼ばれる特定のコンポーネントが、このエラーを引き起こしたり、Snagit を突然クラッシュさせることがあることを確認しています。Snagit を起動する前にこのコンポーネントを終了(またはアンインストール)させておくことをお勧めします。