Camtasia (Windows): 4K コンテンツを使用するガイドライン

以下のガイドラインは全て、編集中のキャンバスプレビューとタイムラインのパフォーマンス(滑らかさ)に適用されます。たいていの場合、プロジェクトの制作でキャンバスプレビューに多少の途切れがあっても滑らかな動画が得られます。

4Kおよび60FPS

Camtasia2018のリリースにより、60 FPSメディアの読み込み、編集、および作成が可能になりました。この機能に加えて、ユーザーシステムのコンピューティングパワーを使用するCamtasiaの能力を向上させるために、多大な努力をいたしました。これは、4Kメディアやビヘイビアなどの他の厳しい要件に役立ちました。

4Kビデオ、高フレームレートビデオ(60FPS)、およびビヘイビアは、Camtasia内の他の機能よりも多くのシステムリソースを必要とします。私共は幸運なことに、幅広い種類のパーソナルコンピュータと幅広いユーザー様を抱えております。残念ながら、全てのコンピュータが最上の体験を提供できるコンピューティングパワーを持っているわけではありません。

4Kおよび高フレームレートビデオ(60 FPS)

2018の新機能は、キャンバス上のプロジェクトをプレビューするMP4へのハードウェアアクセラレーションデコードの使用です。社内とベータテスターでの両方のテストに基づき、編集時に4Kおよび60FPSメディアにお勧めするのは以下のとおりです

推奨されるマシーン:

  • Windows 10
  • 4 CPUコア以上に伴う2.8 GHz 6世代インテル®Core™i5プロセッサーまたはそれ以上(または同等あるいはAMDプロセッサー以上)
  • ディスクリートグラフィックスカード
  • 16 GB以上

Windows 7および/またはインテグレートグラフィックスカードを持つ機械では、60 FPSは推奨されません。

キャンバスプレビュー用のハードウェアアクセラレーションでは、新しい個別のグラフィックスカードでより良いパフォーマンスが期待できます。また、キャンバスに複数の4Kおよび/または60FPSメディアを同時に配置することで、より多くのシステムを必要とします。したがって、システムのコンピューティングパワーに応じて、キャンバス上で複数の4Kまたは60FPSメディアを同時に使用した際にキャンバスの「滑らかさ」の低下を予測してください。

ビヘイビアおよびライブラリアセット

ビヘイビアとのテキストコールアウトが適用された吹き出し(注釈)は、キャンバスに複数のビヘイビアが同時に使用されている場合、特にコンピューティングパワーが要求されます。ビヘイビアと共に複数のテキストのコールアウトを利用できるローワーサード、イントロ、アウトローなどのライブラリアセットで、これに遭遇する可能性があります。推奨システム設定を使用している場合、ほとんどの場合、ビヘイビアは正常に機能します。システムが最小要件に近い場合、ビヘイビアはキャンバスプレビュー上で少々滑らかではないかもしれません。作成の際、キャンバスでプレビューを編集中に途切れが見られても、ビヘイビアは通常は滑らかで、問題はありません。内部およびベータの参加者のテストに基づいて、以下はローエンドシステムでビヘイビアを用いて優れた編集を体験していただくための推奨事項です。

ローエンドシステムでのビヘイビアおよびビヘイビアを伴うアセットに関する推奨事項:

  • ビヘイビアでコールアウトからドロップシャドウを削除すると、キャンバスプレビューが向上します。
  • インデグレートグラフィックを備えたシステムを使用している場合、「ソフトウェアのみ」のアクセラレーションに切り替えると、キャンバス上のビヘイビアの滑らかさが向上する場合があります。(編集メニュー>設定>詳細> ハードウェアアクセラレーション)
  • キャンバス上で同時にビヘイビアを使用する複数のコールアウトは、より困難になります。複数の同時コールアウトが必要な場合の代替として、ビヘイビアの代わりにフェードなどの移行の使用があります。