ビデオを制作して共有する

制作プロセス (レンダリングとも呼ばれます) では、タイムライン上のメディア (録画、ビデオ クリップ、オーディオ クリップ、画像、効果) のシーケンスに基づいてビデオ ファイルを作成します。

 

プリセットの制作オプションには、一般的な配布方法 (Screencast.com、Vimeo、YouTube、ユーザーのローカル ハード ドライブなど) に最適化された設定が含まれます。

ビデオを共有する

  1. [共有] をクリックします。
    c2018-sharemenu.png
  2. [共有] メニューからオプションを選択します。
    • Windows では、[制作ウィザード] が表示されます。ウィザードを使用してビデオを作成します。
    • Mac では、[Export As (名前を付けてエクスポート)] またはログイン画面が表示されます。目的のオプションを選択してビデオを作成します。

ヒント

後で使用するために制作プリセットを保存するには、[共有] > [カスタム制作] > [プリセットの追加/編集] の順に選択します。

タイムラインの選択範囲を制作 (Windows のみ)

タイムライン上の特定の範囲を制作して、短いビデオを作成することや、効果をプレビューすることができます。

  1. タイムラインで範囲を選択します。
    c2018-timelineselection.png
  2. 選択範囲を右クリックして、[選択範囲のビデオを制作] を選択します。
  3. 制作ウィザードが表示されます。ウィザードを使用してビデオを作成します。