ビデオの効果を高める (概要)

ビデオに効果、アニメーション、注釈を適用して、ビデオに拡張機能を追加することができます。

 

ビデオの拡張機能の種類

テキストと注釈

ビデオ内の重要なオブジェクトやプロセスに視聴者の注目を集めるために、ビデオ上に表示するグラフィックスやテキストです。注釈の編集についての詳細は、「 拡張機能を編集する」を参照してください。

動作

動作はあらかじめ設定されたアニメーションで、テキストやメディアの上にドラッグ & ドロップで適用し、生き生きとした動きを付けて視聴者の関心を引き付けるためのものです。タイムライン上の任意のビジュアル オブジェクトに動作を適用できます。

以下のような効果を付けることができます。

  • テキストがブルブル震えているように表示して、クリックするリンクを視聴者に示す。
  • 画像やロゴが画面に登場し、軸を中心にして前後に回転しているように表示する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。

Camtasia の動作」チュートリアルおよび「 画面切り替え、注釈、動作」チュートリアルを参照してください。

カーソル効果

Camtasia Recorder はカーソル データを収集して TREC 録画ファイルに格納します。カーソル効果を追加して、録画したカーソルを強調したり編集したりできます。

ビジュアル効果

ビジュアル効果を使用して、ビデオの表示や品質を向上できます。効果は、タイムライン上のクリップ全体に適用されます。

アニメーション

ビデオにアニメーションを追加すると、次のように視聴者の関心を引き付けることができます。

  • 解説者のビデオを挿入して、ビデオをスムーズに切り替えたり、画面録画の位置を移動したりする。
  • 画像をビデオの左から挿入し、一時停止してからキャンバスの右外に移動して消去する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。

画像、ビデオ クリップ、および注釈にアニメーションを追加できます。注釈の編集についての詳細は、「 拡張機能を編集する」を参照してください。

 

アニメーションと効果」チュートリアルおよび「 アニメーションの使用方法」チュートリアルを参照してください。

画面切り替え

画面切り替えを使用して、2 つのクリップの間に視覚効果を追加します。画面切り替えは、時間や場所の推移を表したり、クリップ間の切り替えをスムーズにしたりするために使用します。

 

拡張機能を追加する

c2018-enhancesteps.png

  1. タブをクリックします。
  2. サブタブまたはスタイルを選択します。
  3. オプションをタイムラインにドラッグします。Camtasia は、いくつかの拡張機能についてオプションを適用できる位置をハイライト表示します。
  4. プロパティを編集します。

拡張機能を編集する

削除する タイムライン上で拡張機能を選択して、Delete キーを押します。
表示時間を変更する
  • タイムライン上で拡張機能の端を内側または外側にドラッグします。
  • タイムライン上で拡張機能を右クリックして、[表示時間] を選択します。表示時間を秒単位で入力します。
ドロップ シャドウを削除する
  1. タイムライン上でオブジェクトの [効果] トレイをクリックします。
    c2018-effectstray.png
  2. ドロップ シャドウ効果をクリックして選択します。
  3. Delete キーを押します。
適用した効果や動作を表示する

タイムライン上でオブジェクトの [効果] トレイをクリックします。
c2018-effectstray.png

注釈

編集する注釈をクリックして選択します。

  • テキストの編集: キャンバス上の注釈をダブルクリックして、目的のテキストを入力します。
  • 移動: キャンバス上の注釈をクリックし、新しい位置へドラッグします。
  • サイズ変更: クリックして、ハンドルを任意の方向へドラッグします。
  • 回転: 中央ハンドルをクリックしてドラッグします。
アニメーション

編集するアニメーションをクリックして選択します。選択したアニメーションが黄色に変わります。

  • 表示時間の変更: アニメーションの端を左右どちらかにドラッグします。
  • 移動: アニメーションの矢印をタイムライン上のメディアの別の位置へドラッグします。
  • 復元: 前のアニメーションを元の状態に戻すには、復元アニメーションをクリップ上でそのアニメーションの後にドラッグします。

編集についての詳細は、「 アニメーションと効果」チュートリアルおよび「 アニメーションの使用方法」チュートリアルを参照してください。

動作

メディア上の [効果] トレイをクリックし、動作をクリックして選択します。選択した動作が黄色に変わります。
c2018-effectstraybehavior.png

プロパティ パネルで以下の操作を行います。

  • [イン] タブ: 動作がキャンバスにどのように現れるかをカスタマイズします。
  • [表示中] タブ: 動作がキャンバス上でどのように動くかをカスタマイズします。
  • [アウト] タブ: 動作がキャンバスからどのように消えるかをカスタマイズします。

 

編集についての詳細は、「 Camtasia の動作」チュートリアルおよび「 画面切り替え、注釈、動作」チュートリアルを参照してください。