MacOS 11 Big Sur and the TechSmith System Audio Capture Component

問題

System Audio Componentのインストール時、macOS 11 (Big Sur) でインストールが許可されず、 失敗する

System Audioにおける録音の際、音質に問題が生じる。

解決策

こちらの問題は、Snagit 2020.2.2、2021.0.2 以降で修正されております。メニューバーより、 Snagit > アップデートを確認する を選択して、 最新バージョンをインストールしてください。問題が解決しない場合は、以下の手順をお試しください:

オプション1:System Audio Plugin を承認する

  1. 「System Audio Plugin」をインストールした後、認証が必要であるというエラーが表示された場合は、 macOSのシステム環境設定を開いてください。
  2. セキュリティ&プライバシー」を開きます。
    security_and_privacy.png
  3. 「全般」を クリックし、 南京錠をクリックします。次に、設定変更のため、コンピューターのパスワードを入力します。
    padlock.png
  4. 「システム」 横の「許可」をクリックします。デベロッパ「Rogue Amoeba Software, LLC」の読み込みがブロックされました。
    Authorize2.png
  5. Snagitを再起動して、もう一度録音をお試しください。

オプション2:コンポーネントを再インストールする

  1. Snagit を開きます。
  2. Snagit > 設定 > キャプチャの順に選択します。
  3. コンポーネントのアンインストール」をクリックします。
    Uninstall.png
  4. コンピューターを再起動します。
  5. Snagit を開きます。
  6. Snagit > 設定 > キャプチャの順に選択します。
  7. 「コンポーネント をインストールする」をクリックします。
    Install.png
  8. 「システム環境設定」を開きます。
  9. セキュリティとプライバシー」をクリックします
  10. 「一般」 選択します。
  11. 下部より 「許可する 」をクリックします。
  12. Snagitで新しい録音をお試しください。

オプション3:古いプラグインを削除する

  1. Snagitを終了します。
  2. Finderウィンドウを開きます。
  3. メニューバーより、 移動 > フォルダに移動 を選択します。
  4. 次のように入力して「Go」をクリックします / Library/Audio/Plug-Ins/HAL
  5. ACEを削除します。ドライバーフォルダー
  6. コンピューターを再起動します。
  7. こちらより、System Audio コンポーネントをインストールしてくださ

Snagit2019の場合、System Audio コンポーネントはこちらよりダウンロードしてくださ

MacOS 11 (Big Sur) では、Snagit2019以降のバージョンが必要となります。これより以前のバージョンをご使用の場合、最新のmacOSでの動作は保証されていません。macOSサポートの一覧表は、 こちらの記事よりご覧いただけます

問題が解決しない場合、 サポートチケットをご送信いただきますようお願い申し上げます。