Snagit(Mac)バージョン履歴

2018年6月28日:Snagit2018.2.1

  • 誤ったキャプチャに編集済みマーカーが表示される問題を解決しました。
  • 10.13で動画録画後にフルスクリーンの動画録画ボタンが画面に残存する問題を解決しました。
  • キャプチャが順不同でインポートされる問題を解決しました。
  • 動画タイムラインをクリックしても、再生ヘッドがジャンプしない問題を解決しました。
  • アイテムをクリックした際にエフェクトスタイルをリセットできない問題を解決しました。
  • 初めてDropboxで認証する際に発生するクラッシュの問題を修正しました。
  • 「プレーンテキストを作成」が暗色テーマでも表示できるようになりました。
  • その他のバグ修正、ローカリゼーションアップデート、およびパフォーマンスの改善を行いました。

2018年6月19日:Snagit2018.2.0

新機能

  • フランス語を追加しました。
  • 多角形オプションを選択ツールに追加しました。
  • 消しゴムツールにカーソルビューを追加し、消去される領域が表示されるようにしました。
  • ぼかしツールのプロパティに新しい図形と、キャンバス上でぼかしオブジェクトを回転させる機能を追加しました。
  • テキスト取得のウィンドウに「 Make Plain Text」のボタンを追加しました。
  • サポートされていないCMYKファイルのファイル変換を追加しました。

Snagitエディタ

  • 消しゴムツールのクイックスタイルアイコンを改善しました。
  • ステップツールの垂直方向と水平方向の反転を改善しました。
  • 選択後にオートフィルを使用すると、背景の塗りつぶしが1ピクセルずれる問題を解決しました。
  • キャンバスの端にスナップしていなかったぼかしを解決しました。
  • SnagitEditorがGoogle Docsから画像をコピー/ペーストしない問題を解決しました。
  • ステップツールのテキストが中心から外れて表示されるバグを修正しました。

キャンバススナップ

  • スナップする際のオブジェクトの間隔を広げました。
  • スナップのガイドラインが改善されました。
  • 一時的にスナップのオン/オフを切り替えるためのホットキーを追加しました。

録画

  • 録音中にマイク音声の検出が表示されるバグを修正しました。
  • ウェブカメラ使用時に録画が完了しないバグを修正しました。
  • 録音停止時にWebカメラのライトが点滅しなくなりました。

その他の改善点とバグ修正

  • 複数選択されたオブジェクトの処理を改善しました。
  • 矢印キーを使用してキャンバスオブジェクトを移動する機能を改善しました。
  • Quick LookがSnagitEditorに表示され続けるバグを修正しました。
  • カラー選択をクリックした後にSnagitEditorで発生するクラッシュを解決しました。
  • テキスト取得を複数回すばやく使用した後に起こるSnagitEditorのクラッシュを解決しました。

2018年4月17日:Snagit2018.1.2

  • 右クリックでタグを削除できるようにしました。
  • いくつかのツールで透明なスウォッチが表示されない問題を修正しました。
  • キャプチャの日付がキャプチャ実行日を反映しない問題を修正しました。
  • シェイプを描画中にOption / Altキーを押した際のカーソル更新の問題を修正しました。
  • ウェブからエディタにドラッグされた画像に関する問題を修正しました。
  • ランダムに生成されるクイックスタイルの問題を修正しました。
  • パノラマキャプチャで「最後のキャプチャを繰り返す」が正常に作動するようになりました。
  • エディタを閉じた後、最近のフォントが保存されます。
  • ライブラリ内の異常なサムネイルを修正しました。

2018年3月6日:Snagit2018.1.1

キャプチャ

  • Capture Helper(メニューバーのアイコン)によるメモリ使用量を削減しました。
  • ウェブカメラでフルスクリーンモードの録画中に、UIにアクセスする機能が追加されました。

エディター

  • 可視画像で以前に塗りつぶされた領域が Snagitを再起動した際に正しく再生されるように塗りつぶしツールを修正しました。
  • キャンバスを100%以上に拡大した状態でオブジェクトを移動した際に残存する物体を除去しました。

ライブラリ

  • フォトなど他の画像アプリケーションからライブラリにファイルをドラッグアンドドロップできる機能が追加されました。
  • ライブラリで画像を閲覧中に、ファイルから印刷へ移動できるようにしました。

共有

  • Screencast.comと共有する際のセキュリティが向上しました。
  • ファイルのデータ(TIFF)がファイル拡張子(PNG)と一致するように、ライブラリからのイメージの書き出しを修正しました。

ツール

  • カスタム多角形をテーマとともにインポート/エクスポートする機能が追加されました。
  • 多角形の形状を変えずにコピーおよび貼り付けをすることができるように修正しました。
  • Moveツールを使用して形、吹き出し、またはテキストを移動した後に透過色が使用できない問題を修正しました。
  • 新しいテーマをとしてT字の矢印をクイックスタイルに追加しました。
  • 回転された吹き出しは、輪郭が表示される四角の吹き出しを除き、黒い背景がなくなりました。
  • キャンバスで吹き出しを選択すると、吹き出しの詳細プロパティが表示されるようになりました。
  • コールアウトに関連するメモリリークを修正しました。

動画

  • アクセスできない場所にあるフォルダに保存する際のメッセージを改善しました。
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善を行いました。

2018年2月6日:Snagit2018.1.0

新機能

  • シェイプツールに多角形を追加しました。
  • 多角形オプションを使用して、独自の多面形を素早く作成することができます。
  • キャンバスにテキストを貼り付ける。
  • 別の場所からテキストをコピーして貼り付ける際に、キャンバスに新しいテキストボックスを作成します。

その他の変更点

  • スプレッドシートでオートフィルが機能するようになりました。
  • 手動で選択すると、選択領域のサイズが表示されます。
  • 大きな画像でのオートフィル速度が向上しました。

ツール

  • 矢印ツールで測定値を表示するには、新しいT字の矢じりを使用します。

Snagitエディタ

  • 不足しているキャプチャの警告で「これを再度表示しない」のオプションを選択できるようになりました。
  • ツールのプロパティで輪郭カラーを追加または削除すると、プロパティ内のライン幅が追加または削除されるようになりました。
  • アイドル時のキャプチャヘルパーのCPU使用量を削減しました。
  • Escキーを使用すると、フルスクリーンモードからエディタを終了できます。
  • 矢印キーを使用してスマートムーブオブジェクトを移動できない問題を修正しました。
  • Snagitを起動するたびに表示されていた「テーマにフォントがありません」という通知を抑制するオプションを追加しました。
  • 「ツールバーメニューをカスタマイズする」が、4kのディスプレイでも正しく表示されるようにしました。
  • [macOS 10.13のみ] HEIFイメージの表示専用サポートを追加しました。

ライブラリ

  • ライブラリのタグ付けに関する自動提案を修正しました。
  • ライブラリ内のキャプチャでタグを一つずつしか削除できない問題を修正しました。

共有

  • Share > Outlook出力を使用した際にユーザーがMicrosoft Outlookに画像を埋め込むことができない問題を修正しました。
  • 可能であれば、Microsoft PowerPointに共有されているキャプチャは現在のスライドに追加されるようになりました。
  • 動画はMicrosoft Officeアプリケーションと共有することができます。
  • FTPタグの例をクリック可能なボタンに変えました。
  • FTPカスタムコードがドイツ語の文字で動作するように修正されました。

トライアル/ロック解除

  • ソフトウェアキーを入力すると「Snagitを使い始める」のボタンが正しく表示されるようになりました。
  • [macOS10.12.6]ソフトウェアキーを入力した際に、Snagitが突然終了する問題を修正しました。

2017年12月12日:Snagit2018.0.2

  • 修正された「最近のトレイ項目」にツールチップを追加しました
  • タグの末尾にバックスラッシュがある場合、ライブラリがクラッシュする問題を修正しました。
  • ライブラリで Snagit のプロジェクト をロードする際に時折発生するエラーを修正しました。
  • Snagit / OS取得統合:システム取得統合を使用する際に発生するクラッシュを修正しました
  • 魔法の杖: 塗りつぶされたキャンバスオブジェクトのサイズ変更時のスケーリングが改善されました
  • テキスト取得: Aboutダイアログのテキストをコピーできるようになりました。
  • テキスト取得: 進行状況の表示を改善しました
  • キャンバススナップ: オブジェクトを直線に沿って移動させる際のキーボードサポートを改善しました
  • macOS High Sierra のサポートを改善しました [10.13.2]
  • ドイツ語の地域適合性を改善しました

2017年11月14日:Snagit2018.0.1

  • SnagitMac v4のプリセットを使用しようとすると発生するエラーを修正しました。
  • 画像をライブラリに読み込むとSnagitEditorが不安定になる問題を修正しました。
  • 編集した動画を保存するとクラッシュする問題を修正しました。
  • Googleドライブとの共有が改善されました。
  • すでに使用されていたキャプチャショートカットを再利用する際のメッセージ表示を改善しました。
  • Microsoft Office製品との共有性を改善しました。
  • 共有キャプチャのRetinaサポートが改善されました。
  • テキスト取得の認識度を改善しました。
  • その他のバグの修正とパフォーマンスの改善を行いました。

2017年10月24日:Snagit2018.0.0

スマートムーブ

  • キャプチャした画像内で、テキストや オブジェクト をすばやく移動できます。UIとその基礎となるテクノロジーが変化した際に、画像コンテンツを最新の状態に保ちます。
  • キャプチャをすばやく編集することで、変更や提案を伝達したり、フィードバックすることができます。

テキスト置換

  • キャプチャでテキストを動かすだけでなく、直接編集することもできます。

テキスト取得

  • 画面上でテキストをキャプチャする、または画像全体をキャプチャした後にテキストを検索およびコピーする、あるいは画像の領域を選択して特定のテキストを取得するかを選択できます。

キャンバス上でスナップする

  • SnagitEditorでオブジェクトをドラッグすると、他のオブジェクトやキャンバス自体に整列してスナップします。

その他の変更点

  • オンボードのためのアプリ内メッセージを追加しました(Snagit Editorのバナーにあるヒントをご参照ください)。
  • ネイティブキャプチャツールであるGrabを使用する際は、編集またはファイル変換のために画像をSnagitに保存することを選択します。
  • ピクセル化されたぼかしを追加しました。
  • 共有中に一部の共有先をキャンセルできるオプションを追加しました。
  • MOV動画ファイルのサポートを追加しました。
  • いくつかのバグ修正と、その他のワークフローの改善を追加しました。