カムタジア(Windows):動画ファイルを縮小する

問題

動画ファイルが大きすぎます。

解決策

下記の要素が、制作される動画の大きさと品質に影響します。

動画のフォーマット

一般的な基準として、最小のファイルサイズで最高の画質を配信するためには、動画をMP4/H.264形式で作成します。MP4はカムタジアのデフォルト出力であり、Webでの配信のための一般的な形式です。AVI、MOV、またはWMVは、CDまたはDVDでの配信に適しています。

動画サイズ(ピクセル単位)

動画解像度が大きいと、ファイルサイズが大幅に拡大する可能性があります。動画サイズに基づいてファイルの大きさを縮小するには、下記のヒントを参考にしてください。

  • 動画サイズを1280x720ピクセル以内に制限します。
  • 画面全体を記録するのは控えてください。Zoom-n-Panアニメーションを使用することで、画面のある特定の部分に視聴者の注意を引くと同時に、動画サイズを縮小することができます。
  • 画面上の画像を記録する前に、画面の解像度を下げてください。
  • 動画サイズは、プロジェクト設定またはプロダクション設定で設定されます。

動画内での動作の量

ファイルサイズは、動画内での動作が多ければ多いほど拡張します。たとえば、テキストベースのスライドを使ったプレゼンテーションを録画した場合は、ライブ動画を録画した場合よりも小さいファイルとなります。

  • 画面を録画をする際には、不必要な動きを最小限に抑えましょう。たとえば、画面上でウィンドウをドラッグしたり、PowerPointのプレゼンテーションにアニメーションを追加したりするのは控えてください。
  • 動作に関連するファイルサイズの問題を緩和するために、MP4形式で作成します。

音声タイプ

制作中に音声を圧縮することで、ファイルサイズを縮小することができます。MP4形式はAAC音声圧縮を使用しており、音声の品質とファイルサイズの両方を程よく重視できます。音声を圧縮しないことによる音声品質の違いを視聴者が聞き取れることはまずありません。交響曲の傑作を録音する場合や、モノラル音声を録音する場合でない限り、制作中に音声を圧縮しましょう。

フレームレート

フレームレートは、視聴者に1秒間に何フレーム表示されるかを決定します。カムタジアのカスタム制作設定では、1秒あたり1から30フレーム(FPS)に設定することができます。デフォルトは30 FPSです。PowerPointのプレゼンテーションなど、記録されたコンテンツに動作があまりない場合は、フレームレートを下げることができます。カムタジアレコーダーのフレームレートを変更するには、

  1. カムタジアレコーダーを開きます。
  2. Tools > Options > Inputsへと移動します。
  3. Capture frame rate のドロップダウンをクリックし、 録画のフレームレートを調整します。
    2018-04-17_15-01-50.png

制作に使用されたフレームレートを カムタジアから変更するには、

  1. カムタジアを開きます。
  2. Share > Local File > Custom Production Setings > MP4 - Smart Player (HTML5)へと移動します。
  3. Video settings のタブ をクリックします。
  4. Frame rate のドロップダウン をクリックし、制作のフレームレートを調整します。
    fps.png

使用される録音技術

カムタジアは、画面上の画像や動作の多い動画を録画するのに最適なTSC2録画コーデックを使用しています。Windowsでのゲームを録画する場合は、Frapsというスクリーンレコーダーを使用することもご検討ください。このスクリーンレコーダーは、画面全体や動作の多い動画、および高フレームレートで録画するのに適しています。