Camtasia(Windows):タイムラインでの再生が途切れる、同期しない、または遅延する

問題

Camtasiaでの編集中に、タイムラインやキャンバスのプレビューが途切れたり、遅延したり、同期しなくなったりします。

解決策

第一オプション:Camtasiaを更新する

Camtasiaを更新するには、 「ヘルプ」>「更新の確認」を選択します。更新は、 Techsmithダウンロードページからもダウンロードしていただけます

第二オプション:コンピューターをハイパフォーマンスモードに設定する

コンピューターの電源オプションを ハイパフォーマンスに変更してみてください。

第三オプション:Camtasiaをソフトウェアのみのモードに変更する

  1. 「編集」>「設定」>「詳細」 へと移動します
  2. ハードウェアアクセラレーションのドロップダウンメニューから、 ソフトウェアのみのモードを選択します
    2016-09-14_8-37-50.png
  3. OK クリックしてください。
  4. Camtasiaを再起動します。

第4オプション:編集ディメンションとメディアディメンションを一致させる

編集ディメンションをソースメディアディメンションと一致させることで、Camtasiaがメディアのスケーリング作業に費やすリソースが軽減するため、パフォーマンスが向上します。これは、動画および画像の両方に該当します。より鮮明で精細なビデオ画像を作成する方法 についての詳細は、当方のチュートリアル をご覧ください。

ソースメディアのサイズを表示するには、メディアビンでファイルを右クリックし、 「プロパティ」(Camtasia 9以降)または 「詳細」(Camtasia 8)を選択してください。

Camtasia 9以降でプロジェクト編集ディメンションを表示するには、 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「キャンバス ディメンション」へと移動します。Camtasia 8では、下記の例をご参照ください。

第5オプション:ビットレートを下げる

非常に高いビットレートの動画ファイルは、パフォーマンスに問題が発生する可能性があります。大概のユーザーの場合、20Mbps(20000 Kbps)を超えるものは通常必要ありません。ビットレートを下げるには、Handbrakeを使用して動画をMP4に変換してください。

Handbrakeをダウンロードした上で、 Handbrakeを使用してファイルをMP4に変換する方法について説明した下記のチュートリアルをご覧ください。

第6オプション:システム仕様の確認

再生パフォーマンスを最大限に活用するには、弊社で推奨する動作環境以上の仕様であるコンピューターを使用されることをお 勧めします。特定のコンテンツを操作するガイドラインに関するこちらのサポート記事をどうぞ ご覧 ください。

第7オプション:ソースメディアの場所

外部ハードドライブまたはネットワークドライブからコンテンツをインポートすると、パフォーマンスに問題が発生する可能性があります。これを行われている場合は、プロジェクトをZIPファイルとしてエクスポートし、内部ハードドライブから再度インポートできます。

  1. 「ファイルを選択する」 > 「zip形式でエクスポート...」
  2. ローカルハードドライブ上のフォルダーの場所を選択してZIPを保存します。
  3. メディアビン にあるすべてのファイルをzipにまとめるオプションを選択します。
  4.  O Kをクリックします。
  5. 作成したZIPファイルを検出して解凍し、プロジェクトファイルを開きます。